• TOP
  • ヘルスケア
  • 飲み会があっても怖くない!食べても飲んでも太らない居酒屋メニュー

飲み会があっても怖くない!食べても飲んでも太らない居酒屋メニュー(2016.01.30)

糖質オフで誰でも簡単に痩せられるのが糖質制限ダイエットのいいところ。肉、魚、葉野菜などは食べてもOKなのでダイエット中の空腹感もなく、元気に痩せられる。実は居酒屋のメニューは低糖質のものが多く、安心して食べられるのだ!

MB120-015

年末が近づくと、忘年会やパーティーなど飲み会が続き、とてもダイエットは望めないと思いがちだが、実は、居酒屋には食べてもOKな食材が多いと言われている。というのも居酒屋のメニューは低糖質のものが多く安心して食べられる。

体重増加に悩む人の間で、今、最も支持されている糖質制限ダイエット。人気の理由は、食べながら&飲みながら簡単に痩せられる点にある。糖質は体内でブドウ糖に分解され、血液に取り込まれる。血液中のブドウ糖が増えすぎると、インスリンというホルモンが分泌される。インスリンの働きで余分なブドウ糖は血管の外へと追い出され、細胞に取り込まれてその一部は皮下脂肪として蓄積されるのだ。

居酒屋では主食やイモ類、根野菜、果物類を避けるのが鉄則。その代わりに糖質の少ないおかずを食べること。そして、調味料に注意すること。タレやポン酢、ドレッシングには砂糖が使われているので、これらをたっぷりつけて食べては意味がない。価格も手頃な居酒屋が、糖質を考慮した食べ方次第で、実はダイエットに最適なのだ。

■酒はビールよりハイボール、焼酎を

MB120-006
【POINT】
ビールはコップ1杯当たりの糖質が約6g。乾杯が終わったら、早めに糖質を含まないハイボールや焼酎などに切り替えよう。

■ワインは絶対、赤を選ぶべし

MB120-005
【POINT】
口当たりがよくフルーティーな味わいが特徴の白ワインには糖質が多く含まれる。赤ワインのほうが糖質の少ないものが多いので安心だ。

■カクテルはジン、ウオツカベースを

MB120-004
【POINT】
甘い口当たりのカクテルには糖質が多く含まれる。ブランデーやジン、ウオツカなどの蒸留酒は糖質ゼロなので、これらを使ったものを選ぼう。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます