• TOP
  • スキンケア
  • 男も知るべき「Tゾーン」洗顔で最初に洗うのはココ!

男も知るべき「Tゾーン」洗顔で最初に洗うのはココ!(2016.03.09)

脂っぽいTゾーンとカサつく頬や目もとを、ひとつの洗顔料で洗い分けるテク

額と鼻すじ、アゴ先のTゾーンはベタつくのに、目もとから頬にかけてカサつくのが混合肌(コンビネーションスキンともいう)。となると理屈的には、Tゾーンは脂性肌の洗顔料、目もとや頬は乾燥肌用の洗顔料というように、2種類を使い分けるべき……。しかし、そんな面倒臭いこと毎日続けられるはずがない!

そこで、ひとつの洗顔料でも、混合肌に対応できる”洗い分けテクニック”を伝授しよう。まず、ベタつくTゾーンから先に洗って、そのままの泡で他の部分を洗うという方法。最初に肌にのせた泡は洗う力が強いので、ひとつの洗顔料でも洗浄力の強弱がつけられるのだ。

洗顔で最初に洗う部分

手がフィットする部分ばかり洗うクセが、ブツブツ肌を誘発

そしてもうひとつ、人間とは不思議なもので、手がフィットする部分ばかり洗うクセがあるという。試しに顔を両手で包み込んでみて。すると、目もとや頬を手で覆い、額と鼻すじ、アゴ先、顔の側面に手が届いていないのでは?

1

 

これでは、顔の側面とTゾーンが洗えていない

男性は手を上下に動かしゴシゴシ洗いをする傾向があるので、手がフィットする目もとや頬をメインに洗うことになってしまう。だから必要なうるおいまで奪われ、乾燥がより深刻化。逆に、手がフィットしない部分こそ脂っぽいのに、洗い残しやすいので、よりベタつきが加速。ベタつきだけでなく、『マイクロコメド』というニキビの前段階であるブツブツができやすいのも、手がフィットしない部分なのだ。

だからこそ意識して、洗顔では最初に額や鼻すじ、アゴ先のTゾーンと、顔の側面を洗ってほしい。そして、残りの泡で目もとや頬をやさしく洗うといいだろう。

PC080398

額、鼻筋、アゴ先を先に洗い、その後に乾燥しやすい頬や目元を洗おう

 

洗顔は最後の締めも重要。タオルドライはこすらずに

洗顔は、洗ってすすいでハイ終了♪ というわけではない。タオルドライするまでが洗顔だと心得よ! どんなにやさしく洗っても、最後にタオルで水滴をゴシゴシ拭き取ったら、今までの努力も水の泡……。こするというのは、肌にとって、ものすごいダメージなのだ。顔についた水滴は、タオルをそっと肌に当てて吸い取らせよう。

取材・文/美容ジャーナリスト 藤田麻弥

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます