• TOP
  • クルマ
  • Audiから思いが伝わりすぎるヘッドライト爆誕\(^o^)/

Audiから思いが伝わりすぎるヘッドライト爆誕\(^o^)/(2016.04.01)

アウディは2016年4月1日に、今年2月に発表された新型Audi A4に、新たなオプション装備として《Audiマトリクス顔文字LEDヘッドライト》が加わることを発表した。ヘッドライトに表情を加えることで周囲の車とのコミュニケーションを可能にした、革新のライティング技術だ。
a1
周囲の状況に応じて、自在に配光をコントロールする《マトリクスLEDヘッドライト》、世界初の《レーザーハイビーム¬》など、数々のテクノロジーでライティングの革新を牽引するアウディ。そして、この度披露された《Audiマトリクス顔文字LEDヘッドライト》は、ドライバーの健康状態を表情豊かな顔文字でヘッドライト上に表現し、ドライバーの疲労や不調が検知されたときは、周囲にそのドライバーを気に掛けるよう促す、事故を未然に防ぐための新たなセーフティ機能を搭載したライトです。“自分だけでなく他人の安全も考える” – アウディが追求する、新しいライティングの世界が今始まる!なお、Audiマトリクス顔文字ヘッドライトの特設サイトでは、動画にて、そのダイナミックなライティングをご覧いただける。

【参考URL】
Audiマトリクス顔文字LEDヘッドライト:http://www.audi.co.jp/kaomoji

■Audiマトリクス顔文字LEDヘッドライトの全貌
◆Active driver condition indicator
ドライバーの状態が正常な時は、<normal mode>としてヘッドライト上に顔文字\(^o^)/が点灯。万が一健康状態に不調が検知された場合は<dull mode>(; ´ Д `)が表示される。まるで自分の言葉のように点灯する顔文字は、周囲にドライバーの状態をスピーディに伝えます。50万円にてAudi A4にオプション装備可能。

開発担当者の言葉
「日本の顔文字は表現力が高く、周囲の車がドライバーの状態を瞬時に理解するのに適したデザインだと思い採用しました。このライトで、ドライバー間のコミュニケーションと安全を促していきたいと思います。」
a2
a3
a4
<リアルタイムで健康状態を管理>
ドライバーの状態は、新型Audi A4のハンドルやシートに内蔵された脈拍計、体温計などにより健康状態や疲労度までもリアルタイムにモニター。特にシートに内蔵されたセンサーで背中の体表脈波を測定することで、ドライバーが集中しているか、注意散漫の状態かを判断する。休息が必要と判断した場合には、警告音でドライバーに注意喚起するとともに、ヘッドライト上に<dull mode>(; ´ Д `)を表示。周囲にドライバーの状態を知らせることで、道を譲るなど、事故を未然に防ぐ対処を行えるよう促してくれる。
a5
a6
a7
(ドライバーの疲労や不調を感知し、ヘッドライトに即座に反映します。)

◆Active gratitude assist rear
さらに25万円の追加オプションで、LEDリヤコンビネーションライトにActive gratitude assist rear<thanks mode>(人´ ∀ `)が装備される。道を譲っていただいたあとに表示することで、より安全に、よりエモーショナルに、感謝の気持ちを伝えることができる。Active driver condition indicatorは50万円にて、Active gratitude assist rearは25万円にてAudi A4にオプション装備可能。

※このリリースはエイプリルフールの嘘のニュースである。

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます