• TOP
  • モテ講座
  • 休日にちゃんと爪切った?ビジネスマンは爪を見られている!

休日にちゃんと爪切った?ビジネスマンは爪を見られている!(2016.04.18)

石川啄木ではないが、ぢっと手を見て欲しい。爪は伸びていないだろうか? 割れていないだろうか? 爪の間が黒くなっていないだろうか? 女性はかなり高い確率で、男性の手を見ているという。骨ばって血管が浮いているような手だとセクシーだと思う女性もいるそうだ。そんな時、爪が汚れていたりしたらどう思われるだろうか? 一発レッドカードは間違いない。ビジネスシーンでも、名刺交換のときなど爪はよく見られるパーツ。ネイルのケアこそ、今、男に求められているスキルなのだ。もちろん、マニュキュアを塗れという類の話ではない。好印象を持ってもらえる爪の作り方を伝授していこう。

画像1

「パチッ!」と爪を切るのはNGだった!?

画像2

まず、大前提として爪の伸ばしっぱなしはいただけない。清潔感がないし、マナーのかけらも感じられないからだ。もちろん、「ある程度伸びてきたら切っているよ」という読者が大半だろうが、パチッ、パチッと爪切りで一度に広範囲の爪を切っていないだろうか?

実はこれはNG。爪は注意を払って少しずつ切ることがベストだ。具体的に一つの指の爪に対して4〜5回は分けて切るといい。少しづつ切ることで、爪が割れてしまうのを防いだり、深爪も防止できる。

セルフネイルケアのマストアイテムって?

画像3

スキンケアと同じで、ネイルケアも毎日の積み重ねが大切。そこで用意しておきたいのはネイル用やすりとネイルオイルだ。前述のとおり丁寧に爪を切った後、ネイル用やすりで爪を整えよう。なめらかに整えておくだけでも、かなり清潔感が出てくる。

やすりは、ごしごしとこすって整えるのではなく、一定の方向で優しく撫でるように使うのがポイント。せかせかせず、ゆっくり整えてあげよう。これでかなり爪も割れにくくなり、なめらかな印象の指先になる。

さらに整えたい人は、ネイル用やすりでケアした後にネイルオイルで優しくマッサージするといいだろう。爪の根元から優しく撫でるようにマッサージすればきれいなツヤが出て、さらに爪も美しくなる。ビジネスシーンで書類を渡したり、タブレットを操作する際にも恥ずかしくない爪に仕上がるぞ。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます