「食欲」のコントロールと「意志」の強さは無関係だった?(2015.10.15)

秋! 食欲の秋! 美味しいものがたくさんあって、ついつい食べ過ぎてしまいます。我慢しなければいけないですが、実は食欲は、自分の意思とは関係なく訪れるものだったんです。

マーケティング&リサーチ会社である株式会社シタシオンジャパンは、「女性のダイエットに関する調査」を実施した。調査の結果、ダイエットに失敗したことがある女性は約8割で、その多くが失敗の理由を「自分の意志が弱いから」だと考えていることが分かった。ダイエットの成功には、「自分の意志の強さ」が重要だと考える一方、約9割の女性がストレスや季節の変化などによって食欲が増進すると感じており、ストレスと季節変化は食欲に関連があることが明らかになった。

■成功者が少ないダイエットの実態

01

調査によると、ダイエット失敗経験のある女性は77.7%と約8割にのぼり、ダイエット成功の難しさが浮き彫りになった。ダイエットの失敗理由の1位は「自分の意志が弱いから・自分に甘いから」で92.7%、3位には「食事を我慢するのがストレスだから」が90.1%となった。ダイエットを成功に導くためには、強い意志で食欲をコントロールすることが重要だと考えている女性が多いのにも関わらず、食欲コントロールが難しい理由はどこにあるのか。

■ストレスや季節変化は、食欲暴走のきっかけに

ダイエットには、強い意志で食欲をコントロールすることが重要だと考えている女性が多いが、食欲が増す理由として、「ストレス」が82.7%であり、ストレスが食欲コントロールの障壁となっていることが分かった。また、76.6%もの女性は「ダイエットがうまくいかないこと自体がストレス」と感じており、それゆえ食欲がさらに増すという悪循環におちいっているようだ。さらに、ストレスを感じている女性の64.4%が、週3回以上間食すると回答していることからも、ストレスと食欲には関係があることが分かった。

また、季節・気候の変化の影響を受けやすい人は、変化を受けにくい人よりもダイエット失敗率が高くなること、さらに、間食が多い人(週3回以上)は、特に梅雨時期に体調が悪くなりやすいことが分かった。体調を崩しやすいこれからの梅雨時期は、ダイエットに失敗する可能性が高くなりそうだ。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます