眼の疲れが即効回復!「眼ヨガ」のススメ(2015.07.01)

目の疲れは頭痛などの原因にもなるだけに、一刻も早く解消したい。まずは即効性が期待できるエクササイズとグッズを紹介!

ヨガで疲れを解消し、潜在能力を引き出す

ヨガと聞くと、柔軟体操のようなポーズを連想しがちだが、「眼ヨガ」を提唱する龍村修氏によれば、そもそもヨガとは、「人間の持つ能力を最大限に引き出すのが目的」という。

「体の筋肉の疲れをほぐすポーズがあるのと同じように、目の疲れを取るポーズがあるのです」

龍村ヨガ研究所
龍村 修所長

DM-1

1948年生まれ、早大卒。求道ヨガの権威、沖正弘氏に師事。著書に『眼ヨガ』など。

《目のリラックス法》

1.両手の手のひらを20回ほどこすり、温める。次に手のひらを丸めて、お椀の形にする。

DM-2

2.そのまま、手のひらで両目を覆う。その際、手のひらの中心が眼球の上になるように。

DM-3

3.ゆっくりと鼻から息を吸う。この時、〝手の温もりを目から吸う〟イメージを持つ。

DM-4

4.息を吐く時は、口から一緒に疲れも体外に出すイメージで。これを10回繰り返す。

DM-5

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます