美肌効果も期待できる“さつまいもダイエット”とは?(2016.08.28)

現代ビジネスパーソンにとって、メタボ予防や見た目ケアは、末永く健康的に働き続け、ビジネスを成功させるためにも欠かせないものになっている。しかし、最近は炭水化物を制限するダイエットが主流になり、なかなかパワー不足に見舞われている人もいるのではないだろうか。

「ご飯やパンを食べちゃいけない」、そんな固定概念すらできつつある今、その救世主とも呼ぶべき野菜に注目が集まっている。「さつまいも」だ。なんと、さつまいもで痩せ効果があることが分かっているのである。

そこで、さつまいもに備わる効果や、ダイエットに使える理由、そしてさつまいもダイエットの実践方法などを紹介しよう。

嫌われ気味の炭水化物…さつまいもなら痩せられる!?

炭水化物を制限する人も、さつまいもなら食べていい?

今ブームの糖質制限ダイエットに欠かせないのが、「低GI」食品をうまく選んで食べること。GI値が高いほど、食べた後に血糖値を急上昇させやすく、よりインスリンの分泌量が高まってしまい、エネルギーといて使い切れずに余った糖質や脂質がどんどん脂肪として体に蓄積されていく。よって、GI値の 低い食品になればなるほど、血糖値が急上昇しにくく、太りにくいというわけだ。

ダイエットに最適なのは、GI値60以下だといわれている。ちなみに白ご飯のGI値は81、食パンは90、スパゲッティは65だ。そんな中、さつまいもはGI値55の、低GI食品なのである。

よって、糖質制限ダイエットを行う人にとっては、さつまいもは安心して食べられる食材といえる。

“さつまいもダイエット”の効果

数ある炭水化物の中でも、さつまいもが優勢であることが分かったが、他にもさつまいもにはダイエットにふさわしいさまざまな効果があるという。

食物繊維を多く含むために、便秘解消につながりやすいことや、水分を排出するカリウムが豊富なこと、さらに甘みによって満腹中枢が刺激されやすくなり、少量でも食べた感が得られることなど、ダイエットに最適な要素が盛りだくさんなのである。

また、ビタミンCも豊富なことから、美肌効果を期待できる。美しさを目指すダイエットを求める女性なら、この美肌効果は“棚から牡丹餅”だ。

さつまいもダイエットの方法

そこで、ビジネスパーソンも実践できそうなのが、一日一食の主食を、さつまいもに置き換えるダイエット法だ。やり方としては、いつものご飯やパンをさつまいもに置き換えるだけでOK。ただし、さつまいもにはたんぱく質が不足しているため、よく他の食品で補うようにしたい。

そして、さらに知っておくべき注意点がある。それは、さつまいもはカロリーが比較的高いということである。さつまいもは大きめのものだと1本あたり約392kcal。ご飯茶碗一杯分(140g)は約235kcal、食パンは1枚当たり約200~250kcalだ。よく注意して、食べ過ぎないようにする必要がある。

嫌われ気味の炭水化物…さつまいもなら痩せられる!?

配信サイト:「Men’s Beauty」
好印象を作る男性美容はもはや必須スキル! ビジネスマンのための美容強化WEBです。

HP:http://beauty-men.jp/

Men’s Beauty公式TwitterやFacebookでも情報を配信中。今すぐフォロー&いいね!

Twitter:https://twitter.com/beauty_mens
Facebook:https://www.facebook.com/otokomaeproject/

キュレーションメディア好評配信中!

antenna公式チャンネル:https://antenna.jp/

SmartNews:https://www.smartnews.com/ja/

カテゴリー設定方法:アプリを開き、上部のカテゴリータブを長押し。最下部の「チャンネルの追加」をタップ。「カテゴリ」内にある「ライフスタイル」をタップ。「ヘルスケア」が出てくるので登録すると、Men’s Beautyの記事が随時配信されています。ほか、「コラム」や「トップ」カテゴリーでも配信中!

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます