• TOP
  • ヘルスケア
  • 香りをかぐだけで風邪が治る!?ビジネスマンの体調管理に役立つ精油 〜男のためのアロマオイル講座〜

香りをかぐだけで風邪が治る!?ビジネスマンの体調管理に役立つ精油 〜男のためのアロマオイル講座〜(2016.09.22)

働く男たちは日々ストレスを抱えながら生きている。「身も心も疲れ切った僕たちに癒しを! 願わくば健康促進を! さらに美容効果を!」。そんな我々に新たなリラクゼーションを提唱する「男のためのアロマオイル講座」。

今回オススメする香りは傷や感染症を治す万能薬として知られている「ティートゥリー」だ。

ティートゥリーはフトモモ科の小高木で、オーストラリアの限られた場所に生息している。先住民であるアボリジニーは、カヌーの材料にしたり、薬用として幅広く使用していたようだ。

ティートゥリーは清潔感あふれるクールな香りで、さまざまな用途に役立ってくれる。アロマテラピーにおいては、ラベンダーと並んで最も良く使われる極めて重要な精油でもある。

オーストラリアでは、家の救急箱には必ずティートゥリーオイルがあると言われているほど。ただし、薬効も強い代わりに副作用も強烈だ。使い方には十分注意して利用しよう。

■ティートゥリーの殺菌効果

ティートゥリーの殺菌効果は極めて高く、オーストラリアでは毒性の低い消毒剤として病室で採用している病院もある。感染症の再発を予防する免疫力も高めるため、様々な感染症に効力を発揮してくれ、また、免疫機能の低下から起こる神経疲労や衰弱にも非常に効果的。

さらに近年の研究によると、インフルエンザに対して「ウイルスの殺菌能力は認められなかったものの、驚異的に増殖を抑えることができる」と判明し、今後は新型インフルエンザ治療薬のひとつとして開発が期待されている。

つまり、ティートゥリーを利用するタイミングとしては「風邪をひいたかな」「ちょっと喉が痛いな」と感じるくらいが丁度いいのだ。具体的な使用法は、コップに半分くらいの熱湯を注ぎ、ティーツリーオイルを1〜2滴落として湯気を吸うだけ。その後はお湯が冷めたころに、それで口の中をすすごう。

rsz-22672

これで大抵の感染症は悪化せずにすむ。殺菌作用のみならず抗炎症作用があるため、細菌による二次感染やウイルスによる粘膜の炎症も抑えてくれるのだ。

■肌荒れには直接肌につけてもいい

ティートゥリーが有効とされる症状は、感染症以外にも「ニキビ・吹き出物・じんま疹・魚の目・帯状疱疹・カンジダ・顔面ヘルペス・日焼け・口内&歯肉の感染症」と枚挙に暇がない。

rsz-22673

ティートゥリーは皮膚への刺激が少ないため、少量を局部的にであれば原液のまま用いることができる。綿棒の先に1滴ほど付け患部に直接塗れば、翌日には効果が目に見えて生まれるはずだ。ただ、わずかながら毒性があるので、広範囲に塗り広げることは避けた方がいい。

肌全体が荒れていて広く塗布したいのであれば、ティートゥリーウォーターを作ってみよう。水250mlに対してティツリー精油5mlをよく混ぜ、スプレーボトルに入れれば出来上がりだ。濃度を薄めることで肌への負担は格段に減るので、この使用法はぜひお薦めだ。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます