• TOP
  • パナソニック
  • 乾燥の季節を前に〜夏の日差しに疲れた肌はスチーマーでケア&リラックス

乾燥の季節を前に〜夏の日差しに疲れた肌はスチーマーでケア&リラックス(2016.10.23)

日を追うごとに深まる秋の気配を前に、メンズビューティー的にチェックしておきたいのが、夏の間にダメージを受けた肌のケアだ。海や山のレジャーで大量の紫外線を浴びたことによる日焼けや、オフィスのエアコンによる乾燥などで、この時期の肌のコンディションは乱れがち。その状態のまま、乾燥期=冬を迎えるのは、肌にさらなる影響を与えかねない。

さて、男性の肌トラブルといえば、皮脂過多によるテカリやベタつき、シェービング時のカミソリ負けなどが一般的のように思えるが、ビジネスパーソン意識調査『男性の美容意識』によれば、「乾燥・かさつき」は、<肌や外見で気になっていること>の2位にランクイン(※)。「テカリ・ベタつき」「薄毛」「肌のハリ・たるみ」などより上位となっているのだ。

20150325-3-2_l

ちなみに1位は「白髪」だが、これは40代、50代で〝票を伸ばした〟ため。「乾燥・かさつき」は30代ではほぼ同数、20代では5倍以上の回答が得られている。実は男性にとって、肌の乾燥はスキンケア上の重要案件だったのだ。
※インテージ調べ。2015年2月調査。対象は20~59才のビジネスマン800名

そこで化粧水など、毎日のケアが大切になってくるのだが、さらに肌の潤い感を高めてくれるのが、今回フィーチャーしていくパナソニックのスチーマー ナノケア 『W温冷エステ EH-SA97』だ。

パナソニック
スチーマー ナノケア W温冷エステ EH-SA97
オープン価格
_32A4466
本体寸法/高さ209×幅171×奥行き216mm、約2.0kg
スチーム温度/約40℃(ノズルガード先端から約20cmの距離)
スチーム発生量/約12mL/分(吹出口2個)
ミスト発生量/約4mL/分(吹出口2個)
・10月下旬発売予定

このスチーマー ナノケアは、約40℃の温スチームと冷ミストによる温冷の温度差がもたらす刺激によって、肌のハリ感やうるおい感を高めてくれるフェイシャルスチーマー。この刺激をパナソニックでは「ダイナミック温冷ギャップ」と呼んでいる。

機能としてはツヤ感のある肌へと導く「クリア肌コース」、肌のハリ感アップが期待できる「ハリ/弾力コース」など5種類の自動温冷コースを搭載。「クリア肌コース」であれば、温スチーム6分→冷ミスト45秒→温スチーム3分→冷ミスト45秒→温スチーム3分、という構成になっている。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます