• TOP
  • ヘルスケア
  • 水のサードウェーブ「オゾン水」の殺菌効果に迫る

水のサードウェーブ「オゾン水」の殺菌効果に迫る(2016.11.09)

『オゾン水』をご存知だろうか? 最近巷では水素水などがもてはやされ、モデルやタレントが利用して話題になっているが、次に来るのはこの〝オゾン水〟かも!? しれないというお話。そもそも、オゾン水とはなんぞや? オゾンホールのオゾン? という人が多いと思うが、その一番の効果は〝殺菌力〟にあるのだ。

意外と身近に利用されているオゾン

オゾンには強い殺菌力があり、オゾン水はそのオゾンが水に溶け込んだもの。気体ではあまりに強い酸性なため人体にも良くないと言われるが、オゾン水にすることで安全性を飛躍的に高められるという。除菌ではなく殺菌というところがポイントだ

もう少し仕組みを詳しく説明すると、オゾンは元素記号で表現すると「O3」。一定の時間が経過するとO2とOに分解され、空気中のH(水素分子)と反応し、結果H2O(水)とO2(酸素分子)となる。このオゾンが分解される際に殺菌や消臭の効果を生むのだ。放っておいても水と酸素になるだけなので安全。殺菌剤として一般的に使われている次亜塩素酸ナトリウムのような残留性がなく、安心して使用できるという利点があるほか、ノロウィルスやインフルエンザウィルスにも効果が認められており、医療の現場などでも活躍しているそう。身近なところでは、水道水の殺菌やカット野菜の殺菌、ペットボトルの洗浄まであらゆるところで利用されていて、現在では美容の分野でも注目され、エステサロンやヘアサロンなどで導入が相次いでいる。

さて、ここまで書くとなんとか試してみたいと思うのが人の性。しかし結局は業務用なのかな・・・と思っていた矢先。なんともオシャレなオゾン水生成器があるではないか!

自宅で手軽にオゾン水!

img_1

このオゾン水が手軽に生成できる家電が「IN PURE(インピュア)」という美容家電。これまで小型化が難しいということで業務用が多く家庭での利用は進んでいなかったとのこと。しかし、「IN PURE」は、国際特許技術で誕生した世界最小のオゾン水生成用電極を使用することで家庭用のオゾン水生成器を実現。一般人にはありがたいお話だ。これがあれば、自分の家で手軽にオゾン水の恩恵にあずかることができる!

さっそくオゾン水を体験!

まず、この「IN PURE」、ビジュアルが非常によい。清潔感のある白い筒状のフォルムの下の土台にはボタンがひとつ。シンプル&コンパクトでどこに置いても邪魔にならない。使い方も簡単で、別売りの「IN PURE」専用ヴァージンウォーターを30mlのメモリまで入れて、先ほどのボタンを押すだけ。ポチッと押してみれば、あらオシャレ。軽快な音ともにブルーのライトが灯る。しかも時間を追うごとにライトの色が変化する遊び心が嬉しい。待つことわずか30秒で最適な濃度のオゾン水のできあがり。

img_2 img_3

では、体験。このオゾン水。利用方法はたくさんあるが、まずは美容ということで化粧水として顔へ使用。30mlというと実はかなりの量。そこで、贅沢にバシャバシャ顔に塗りたくる。テクスチャーは水となんら変わりない。

img_4 img_5

しか~し、目に見えないものの、今の自分の顔は誰よりも菌が少ない綺麗な顔のはず!? しかも、手で塗布しているから手の殺菌にも! なんとも言えぬ優越感に浸れてしまう。とはいえ、すぐには効果が分かりづらいので、後日、知り合いの敏感肌で悩んでいた女性に試してもらったところ、顔の赤みが取れたと喜んでいた。

img_6

次は口臭予防。オゾン水を口に含んでうがいをしてみた。オゾン特有のにおいがほんのりしますが、気になるほどではない。これで毎日うがいすれば、口臭予防以外にもノロウィルスやインフルエンザの対策にもなって嬉しいことだらけ。

美容家電というとなかなか男には手が出にくいが、これなら部屋に置いていても気にならず、なんなら、彼女や奥さん、子供にも使ってもらえる。みんなで美しい肌を手に入れつついろんなところを殺菌して一石四鳥を享受してみては?

【商品概要】
「IN PURE(インピュア)」
サイズ:H180mm×D50mm/200g
電源:AC100-240V(50/60Hz)
本体 4万8000円 Made in Japan
※「ヴァージンウォーター(450ml)」は別売/1400円

文/鍋谷 茂

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます