【メンズコスメ辞典】大塚製薬「UL・OS」(2016.11.17)

「健康的な肌こそが美しい肌」という考え方に基づき開発、2008年発売開始。肌の健康にこだわり続けてきた。意外にも大塚製薬のブランドだ。

スクリーンショット 2016-09-23 14.37.43

大塚製薬では、化粧品ではなく、肌の健康へのこだわりから「健粧品(R)」と呼び、コスメティクスとメディカルを合わせた造語「コスメディクス」という独自の発想で商品開発を続けている。

ターゲットをミドルエイジ層の男性を中心とし、肌へのダメージの原因となる紫外線、乾燥、汚れに着目、男性の肌を「守る」、「うるおす」、「清潔に保つ」という視点で展開。

ヘアケア、フェイスケア、ボディケアと全身をトータル的にケア、メンズコスメブランドとしては珍しく日やけ止めも。また、スキンローションとスキンミルクが全身に使用できるのが特徴的だ。

人気は『薬用スカルプシャンプー』。

photo

植物由来のアミノ酸系洗浄成分を配合、頭皮・毛髪をやさしく洗い上げつつ仕上がりはさっぱり。ノンシリコンでありながらもリンスいらずなのだ。

2015年にはペンタイプのシミ対策製品『薬用スキンホワイトニング』を発売。メンズが意識しながらも手がつけられていないシミへのアプローチは、かゆいところに手が届くアイテムだ。

photo01

「大人の男」になるか「おじさん」になるかは、これからのケアで決まる!

文/Men’s Beauty編集部(maru)

配信サイト:「Men’s Beauty」
好印象を作る男性美容はもはや必須スキル! ビジネスマンのための美容強化WEBです。

HP:http://beauty-men.jp/

Men’s Beauty公式TwitterやFacebookでも情報を配信中。今すぐフォロー&いいね!

Twitter:https://twitter.com/beauty_mens
Facebook:https://www.facebook.com/otokomaeproject/

キュレーションメディア好評配信中!

antenna公式チャンネル:https://antenna.jp/

SmartNews:https://www.smartnews.com/ja/

カテゴリー設定方法:アプリを開き、上部のカテゴリータブを長押し。最下部の「チャンネルの追加」をタップ。「カテゴリ」内にある「ライフスタイル」をタップ。「ヘルスケア」が出てくるので登録すると、Men’s Beautyの記事が随時配信されています。ほか、「コラム」や「トップ」カテゴリーでも配信中!

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます