車の中の乾燥対策にうってつけなモバイル型の加湿器登場(2016.12.01)

近年、住宅の高気密化や季節を問わずエアコンを使用することにより、一年を通して空気の乾燥を感じることが少なくない。また、自宅に限らず車内やオフィス、旅先のホテルなど乾燥を感じる場所もさまざま。

main
価格: 18500 円

「cado(カドー)」は加湿、除菌消臭、さらに専用の芳香蒸留水の使用でアロマディフューザーとしても使えるモバイル型の「カドー加湿器 MH-C11U」を発売、同時にカドーオリジナル森の香りブレンドの芳香蒸留水「ForestWater (フォレストウォーター)」を発売した。

「カドー加湿器 MH-C11U」は、乾燥が気になる場所で気軽に使えるバッテリー内蔵型モバイル加湿器の最新機種だ。「カドー加湿器 MH-C10U」がより使いやすく深化した本製品。これまでの加湿機能と、除菌・消臭剤「ピーズガード」を使用する除菌消臭機能に加えて、新たに、カドーオリジナル森の香りブレンドの芳香蒸留水「ForestWater」を使用することでアロマディフューザーとしても使えるようになった。

「ForestWater」とは、大分県・久恒山林から生まれたブランド「六月八日(ろくがつようか)」との共同開発によって生まれた、カドーオリジナルの森の香りの芳香蒸留水だ。「カドー加湿器 MH-C11U」に、芳香蒸留水「ForestWater」を注いで使用することで、部屋を加湿するだけでなく、心地よい香りによって、より深くくつろげる空間を演出してくれる。早朝の森の中で深呼吸をするような、さわやかな木々を感じる香り「DeepWoods(ディープウッズ)」と、森の中の小さな花を感じるような、華やかなグリーンの香り「TinyFlower (タイニーフラワー)」。2 種類の香りサンプルが本製品に付属している。
sub1
運転モードは、弱(15mL/h)、強(30mL/h)、連続(100mL/h)の3 つのモードを搭載。 操作ボタンはひとつで、ボタンを押すたびに(弱)→(強)→(連続*3 分後に強)→(スタンバイ)→(弱)を繰り返すシンプルな仕様となっている。また、バッテリーを内蔵しているので電源がないところでも使用可能。ボタンを長押しするとバッテリー残量も確認できる。

【関連情報】
http://cado.co.jp/products/hm/c11u.html

文/編集部

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます