朝の有酸素運動が男性ホルモンの分泌を上げる(2016.12.02)

前々回のレポートはコチラから

前回のレポートはコチラから

■焚き火の炎を見るだけで癒される理由とは?

星のや富士でのディナーが終わり、クラウドテラスにある焚き火を囲んでまったりTIME。まさにキャンプファイアー気分である。21:00からは、クラウドテラスにて弦楽器や打楽器による『森の演奏会』(無料)が毎夜開催され、洗練されたアウトドアスタイルを堪能できる。

_MG_6468

夜はクラウドテラスに焚き火BARも登場する。火を眺めながら、ゆっくりとした大人時間を楽しみたい。

_MG_6491

焚き火の炎がゆらぐのを見ていると、頭がカラッポになり、リラックスしてくるから不思議……。これは『1/f(エフ分のイチ)ゆらぎ』による効果かもしれない。科学的に100%解明されているわけではないが、1/fゆらぎは、炎の揺れ、そよ風、小川のせせらぎ、木漏れ日の揺れ、電車の揺れ、蛍の光り方など、様々な現象に見出されている。

80年ほど前、電気的導体に電流を流すと、その抵抗値が一定ではなく、不安定にゆらいでいることが発見されたという。そのゆらぎは、ゆらいでいる波形のパワースペクトルが周波数(frequency)に反比例することから“1/fゆらぎ”と名付けられた。

人間の心拍リズムも1/fゆらぎになっているため、生体リズムと同じ炎のゆらぎを見ると、心地良くなるのだと思われる。

■夜になるとテラスリビングにも炎のおもてなし

MB 星のや富士26

キャビンに戻ると、テラスリビングの一角に炎が立ち上がっていた。これは、夜になるとグランピングマスターが着火してくれる、おもてなしのひとつ。

キャンプに欠かせないのは、やはり炎。テラスでも炎のゆらぎに癒されれば、良質な睡眠へと誘われるだろう。

「睡眠もテストステロンの分泌を左右します」とメンズヘルス専門医。8時間睡眠に比べ、4時間睡眠の男性は分泌が2~3割ほど少ないそうだ。ちなみに、テストステロンが上昇してくると、朝勃ちとなって表れる。

男性にとって健康のバロメーター。女性が肌の調子を気にするのと同じなんだとか。

■男性ホルモンの分泌ピークは、朝の8時~9時!

メンズヘルス専門医は「テストステロンの分泌には日内変動があります」と解説する。午前中に高まり、夕方から低くなっていくらしい。

ピークは朝の8時~9時くらい。若い頃は午前中にブワ~ッと上がって、夕方頃からゆっくり下降。しかし、年齢を重ねるごとに、午前中の上昇がなくなり、朝も夜も低いまま……。

有酸素運動のあと、一過性ではあるがテストステロンがアップすることを、前々回のレポートで説明した。

また、メンズヘルス専門医は朝の有酸素運動を推奨している。テストステロンの朝上昇と運動効果がリンクすれば、さらに男が燃え上がるという理論から。

そこで、早朝に高まりつつある編集カトウのテストステロンをMAXにアゲるべく『湖上の早朝カヌー』(6歳以上:1名3,500円・2歳~5歳:1名1,500円/税別/通年の7:00~8:30)に参加してみた!

含まれるものは、河口湖でのカヌー体験(約40分)、体験中の写真プレゼント、ライフジャケットのレンタル、送迎付き。

_MG_6515

カヌー初心者でも、インストラクターが丁寧に教えてくれるから安心だ。カヌーもジョギングやウォーキング、サイクリングや水泳と同じ有酸素運動。

メンズヘルス専門医は、疲れ過ぎない程度の有酸素運動を薦めていて、時間的目安は約30分。カヌーを漕ぐ時間は約40分なので、テストステロンの分泌を高めるには好都合♪

_MG_6533

晴れていれば雄大な富士山を眺めつつ、静かな湖面を独占できる。なんてラグジュアリーな非日常なのだろう!

_MG_6541

■テラスでいただく優雅なグランピング朝食

カヌー体験後は腹ペコ状態。心地いい疲れを癒すため、インルームダイニングでのんびり朝食を摂ることに。キャビンに届いたのは『モーニングBOX』(1名2,800円/税・サービス料10%別/朝7:20~10:00まで)。

_MG_6226

テラスリビングでいただくのが、優雅なグランピング・スタイルだ。質量共に男性も満足するメニュー構成で、ダッチオーブンで焼き上げたパンが素晴らしく美味!

_MG_6227

満腹になり、このままテラスのソファでまったりしていたいぃ~。だが、炭水化物(糖質)がエネルギーとして使われず、高血糖状態が続くと、肥満&糖尿病のリスクが高まってしまう。そこで、腹ごなしを兼ねてリゾート内を散策することに。

■無料で体験できるアクティビティもあり

敷地内にはハンモック、日除けのタープとデイベッド、テントリビングなど、魅惑的なキャンプ・アイテムが設置されている。

_MG_6250

星のや富士では、無料のアクティビティも提供している。『朝霧の森 深呼吸』(無料/毎朝開催)は、静寂に包まれた森で、朝一番の深呼吸&ストレッチ。凛と澄んだ空気を体いっぱいに取り込めば、爽やかな1日がスタートする。

2016年11月30日まで開催されているのは『森の空中ストレッチ』(無料/10:00~/予約制)。

_MG_6596

木立にロープを張り、そこに吊るした布に体を預けながらストレッチするアクティビティだ。関節や背骨に余計な緊張や力がかからず、硬くなった筋を伸ばし、体幹を鍛えることができる。

普段はできない空中での逆立ちやでんぐり返し、水平飛行ポーズもラクにできて、実に楽しいエクササイズ!

_MG_6608

このように、無料・有料のアクティビティは、季節ごとに入れ替わったり、より洗練されて進化を遂げたりしているそうだ。いつ訪れても新鮮な体験ができるので、リピーターが多いのも頷ける。

■乗馬はインナーマッスルを鍛え、脳を活性化する

12:00のチェックアウト後も、楽しめるアクティビティがあると聞いたので、参加することに。それは『山麓乗馬』(1名16,000円/税別/1組5名まで/通年の10:00~・13:00~・15:00~/会場までは各自)

馬に慣れるために馬場内でレッスンし、その後、富士山麓の広大な森へとプライベートな乗馬体験。インストラクターがしっかりアテンドしてくれから、初心者でも馬との一体感を楽しむことができる。

_MG_6650

2016年11月30日までは『紅葉富士のホーストレッキング』(1名35,000円/税・サービス料10%別/13:00~15:30)も体験できる。含まれるものは、乗馬プライベートレッスン、写真撮影、ティータイムの飲み物やスイーツ、備品のレンタル。

富士山麓の木々が色づく森を抜け、見晴らしのいい紅葉台まで馬の背に揺られてトレッキングコースを登る。高い目線から赤黄に染まる山麓や広大な樹海を眺め、馬と息を合わせる約2時間のコースだ。

ホーストレッキングの後は、旬のリンゴたっぷりのアップルパイやスイーツ、甘い香りのフルーツティーをいただける。

乗馬はアクティビティだが、乗馬療法(ホースセラピー)といった側面も持つ。ドイツでは乗馬療法が医療行為として認められているほど。乗馬療法の起源は、古代ギリシャ時代にまでさかのぼるといわれている。

紀元前400年頃、ギリシャで見つかった文献に「負傷した兵士を馬に乗せて治療した」という記述が残っているからだ。

人は馬に乗ると、馬の動きをキャッチして、無意識に馬の動きに合わせるという。前後・左右・上下に揺れてバランスをとり、落馬しないように努める。

このような運動機能が脳神経を刺激して、身体的なリハビリテーションに効果を発揮。健康な人にとっても、姿勢の悪さを改善し、インナーマッスルを鍛えられるというメリットがある。

■男性の更年期は、30代半ばから始まっている!?

これにて、1泊2日のグランピング体験が終了! 編集カトウもリフレッシュし、帰京後、すぐ仕事に戻っていったが、その足取りは軽そうだった♪

本来なら2~3泊はしたいところだが、まとまった休日を取りにくいのが日本の現状。1泊2日でも、これほどの『非日常』が体験できるというモデルケースにしてほしい。

男性にも更年期があるというのは周知の事実。女性ほど急激な変化はないが、だいたい45~55歳くらいが男性更年期のピークだといわれている。しかし、それよりももっと前の30代半ばくらいから、テストステロンが減少している人は多いというデータも……。

最近、以前ほど意欲が湧かなくなったという人は、テストステロンの分泌が悪くなっている可能性大。そんな人こそ、リゾートでの『非日常』を、こまめに取り入れるべきだろう。

【関連情報】
星のや
http://hoshinoya.com/

星のや富士
山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408
TEL 0570-073-066(星のや総合予約)
1泊1室 54,000円~(食事別/税・サービス料10%込)

撮影/久保田育男(owl)

取材・文/美容ジャーナリスト 藤田麻弥

藤田麻弥 画像

雑誌やWebにて美容や健康に関する記事を執筆。美容&医療セミナーの企画・コーディネート、化粧品のマーケティングや開発のアドバイス、広告のコピーも手がける。エビデンス(科学的根拠)のある情報を伝えるべく、医学や美容の学会を頻繁に聴講。著書に『すぐわかる! 今日からできる! 美肌スキンケア』(学研プラス)がある。

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます