2017年はバーバー新時代!2017年のトレンド予測を発表(2016.12.19)

リクルートホールディングスは、住まい、社会人学習、キャリア、若年雇用、アルバイト・パート、進学、飲食、美容の8領域における2017年のトレンド予測とトレンドを表すキーワードを発表した。
publicdomainq-0001202fxd
2017年のトレンド予測キーワード
「リビ充家族」(住まい領域)
「子けいこパパ」(社会人学習領域)
「ライフフィット転職」(キャリア領域)
「育成枠採用」(若年雇用領域)
「パズワク」(アルバイト・パート領域)
「Live(ライヴ)ラリー」(進学領域)
「おいし援」(飲食領域)
「バーバー新時代」(美容領域)

●美容領域:「バーバー新時代」

〈ビューティー・ファッション・カルチャー・コミュニティなど、新しい付加価値を提供するバーバー(理容室)が街に増加!〉
building_barber
【概要】
従来のカット・シェービングに加え、男性向けの美容メニューやファッション関連サービスの提供、カルチャーを持った空間づくりなどにも取り組み、新しい付加価値で男性客を美容室から呼び戻す「バーバー(理容室)」が現れている。

利用した男性客から、「客もスタッフも男性中心で落ち着く」「頭皮ケアやエステもある」「美容室のおしゃれなところと理容室の技術力の部分と両方からいいとこ取り」と高評価を得ており、今後の利用拡大が注目されているのだ。

【背景】
今は若い世代を中心に男性も美容室を利用する時代。おしゃれを求め、30代男性の4割が美容室に通っており、20代ではさらに半数以上に上り、理容室の利用率を逆転している。そんななかで、新しい価値を提供するバーバーの出現により、最近は男性の美容室から「理容室への回帰」の兆しが見られる。理容室に回帰する理由は、美容室が「料金が高い」「顔剃りができない」「女性が多くて居心地がよくない」などが挙げられる。

無題

それに応えたバーバーは、男性が憧れるおしゃれな空間を整えており、男性向けのネイルやフェイシャルパックなどの美容メニューの充実、ファッションやシューリペアなどを含めたトータルの身だしなみの提案、ビールやコーヒーを提供して男の社交場づくりなどに取り組み、バーバーの新時代を作り始めているそうだ。

文/編集部

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます