腹部の引き締めと股関節の柔軟性を上げるポーズ【男のヨガ講座】(2016.12.17)

■サソリのポーズ(Eka Pada Adho Mukha Svanasana)

難易度 

【効果】
・お腹の引き締め
・股関節の柔軟
・太腿の前面ストレッチ

膝を高く上げることで、脚の裏側のストレッチ強度を高め、股関節周りを柔軟にするポーズ。

■STEP1

ダウンドッグのポーズからスタート。

MG_15392

目線を手と手の間に送り、息を吸いながら左足を天井方向に持ち上げる。

■STEP2

息を吐きながら膝を曲げてキープ。できれば目線は脇の下から天井を覗き込むようにすると全身の伸びを感じられる。

_MG_4133
ブラトップ6990円、ロングタイツ6990円/ともにリーボック

■STEP3

目線を手と手の間に戻し、息を吐きながらゆっくり足を床に下ろす。反対側も同様に行う。

【ヨガのこばなし】

・ヨガの経典『ヨガ・スートラ』に学ぶ

“DUHKHA DAURMANASYANGAMEJAYATVA SVASA PRASVASA VIKSHEPA SAHABHUVAH.”
私たちは心の作用を鎮めるためにヨガに集中し、瞑想を行いますが、それを妨げるものとして「苦悩・失意・体の震え・呼吸の乱れ」があります。

ですので心の作用を鎮めるためには日々の行動や態度、交友関係、食事にも注意を払う必要があります。

心と身体は“タマス(惰性・沈滞)”的ではなく、“サットヴァ(静穏・明澄)”な状態でなければならないからです。

ただヨガや瞑想を行えば良いというのではなく、普段の生活から自身の行い・健康に気をつけることでこれらの要因を防ぐことができよりサマーディ(悟りの境地)に近づくことができるのです。

「身から出た錆」という言葉があり、不摂生・失言・失態全てが心をざわつかせ身の回りをざわつかせてしまうことになります。

私自身もそうですが、何かとざわつきやすい性格の方は特に気をつけて過ごしましょう。健康な体は健全な心を養い、その心が幸せを生むのですね。

「インテグラル・ヨーガ」参照

【関連情報】
リーボック http://reebok.jp/

文・モデル/國本さくら 撮影/野口 佳那子(owl)

_MG_1736

元モデルの経験を生かし、男女ともに綺麗に見られる体づくりを提案する美容ライター。ヨガインストラクターの資格も持っており、日常に取り入れられるヨガポーズをわかりやすく解説してくれる。

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます