グッドスリープに導くリラックスポーズ(2016.12.25)

■横たわった合蹠(がっせき)のポーズ(Supta Badhakonasana)

難易度 

【効果】
・股関節の柔軟
・リラックス
・不眠

全身の力を抜き、脚を開くことで心の緊張を解きほどくリラックスポーズ。

■STEP1

仰向けになり、足の裏同士を合わせて膝を開く。両手は自然に開いて手のひらを天井に向けリラックス。

_MG_4359

【ヨガのこばなし】

ヨガの経典『ヨガ・スートラ』に学ぶ

“MAITRI KARUNA NUDITOPEKSHANAM SUKHA DUHKHA PUNYAPUNYA VISHAYANAM BHAVANATAS CHITTA PRASADANAM.” 

他の幸福を喜び(慈)不幸を憐れみ(悲)他の有徳を欣び(喜)不徳を捨てる(捨)態度を培うことによって、心は乱れなき静寂を保つことができる。

これは日常生活の中で心を安らかに保つための心得のようなものです。

「隣の芝が青い」と妬んだところで何も生まれずただ自分の心がざわつくだけのこと。青い芝を見れば素直に感動し、自分もあんなに綺麗な青い芝を育てようと思えば心穏やかにいることができる。

随分昔に「同情するなら金をくれ!」という名台詞を生んだドラマがありましたが、二つ目はまさに“手を貸すことができるならそれをせよ”という教え。そうすることによって、その人が救われようと救われまいと、自分自身の心の平安を維持することができるということ。

3つめは徳の高い人に出会えば喜んで手本とし、自分の人生にその美質を育むということ。

最後の不徳の人に対しては“無関心”であるべきだと言います。世の中には残念ながらよこしまな人間が存在します。そして私たちの心の中にも邪な気持ちが存在することを否定できません。

だからと言って、お節介心で忠告を与えたところでその人物にその想いは届くでしょうか?中にはその想いに応えてくれる場合もあるかもしれませんが大概の場合がこちらが嫌な思いをする結果を招くのではないでしょうか。触らぬ神に祟りなし、不徳の人には関わらないことが自分の平穏を保つためにも大切なのだということです。

「インテグラル・ヨーガ」参照

文・モデル/國本さくら 撮影/野口 佳那子(owl)

_MG_1736

元モデルの経験を生かし、男女ともに綺麗に見られる体づくりを提案する美容ライター。ヨガインストラクターの資格も持っており、日常に取り入れられるヨガポーズをわかりやすく解説してくれる。

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます