• TOP
  • パナソニック
  • 決定!ミス・インターナショナル日本代表。彼女たちの〝美〟をサポートしたのは?

決定!ミス・インターナショナル日本代表。彼女たちの〝美〟をサポートしたのは?(2017.01.01)

ミス・ワールド、ミス・ユニバースとともに、世界3大ビューティーページェントとして知られるミス・インターナショナル(ミス・インターナショナル・コンテスト)。日本は1960年の第1回から代表を派遣しているが、先日、2017年開催予定の世界大会に出場する日本代表が決定した。

IMG_0296-02

書類審査と予選を勝ち抜いたファイナリスト22名の中から、見事グランプリに輝いたのは、東京都出身の筒井菜月さん(23)。筒井さんは受賞のスピーチで、まず事務局スタッフや観客、競い合った仲間たち、そして母親に率直な感謝の気持ちを伝えた。

筒井さんは高校卒業後、ワーキングホリデーで渡ったオーストラリアで英語を学び、さらにミスコンテストの盛んなフィリピンで、コンテストのためのトレーニングを積んだという。ちなみに代表選考会に備え、体脂肪率を12%に、体重も7kg減量したとのこと。

そして世界大会に向けては、「優勝はもちろん、各国のミスと交流して、その国の文化を学び、また日本の文化を伝えたい」とコメント。まさに〝美の親善大使〟として、今後の活躍が期待されるところだ。

過去の世界大会においては、2012年に吉松育美さんが日本人唯一の優勝を果たしている。筒井さんには、ぜひ史上2人目の栄冠をめざしてほしい。

IMG_0312

また大会ではグランプリの筒井さんのほかに、準グランプリ2位に村上麻衣さん(25)、3位・福井千聖さん(25)、4位・文室理惠さん(21)、5位・大倉由莉さん(22)が選ばれた。2位の村上さんは特別賞のヘルシーボディ賞も合わせて受賞した。

こうして2017年大会の代表は筒井菜月さんに決まったわけだが、日本代表選出大会までファイナリストたちは、実は各種のセミナーを受講しながら、その美にさらなる磨きをかけていたという。その主な内容はボディトレーニングやヘアメーク、ウオーキングや大会に備えてのスピーチと、多岐にわたる。

P1000997
パナソニックのセミナー参加したファイナリストたち

なかでも編集部が注目したのが、パナソニックの音波振動ハブラシ「ドルツ 」と、同じくパナソニックのエアーマッサージャー「レッグリフレ」を使ったセミナーだ。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます