• TOP
  • ファッション
  • 2017年は「着飾る」よりも「整える」オシャレがモテる秘訣?

2017年は「着飾る」よりも「整える」オシャレがモテる秘訣?(2017.01.10)

リサーチ・アンド・ディベロプメントは、独自の若者データを盛り込んだ、『R&D若者ハンドブック2017』を発行した。今回はその中から、近年若者の間でみられるおしゃれに対する意識・価値観の変化について紹介しよう。

art-1867438_640

“24才以下女性で「積極的におしゃれしたい」意識が大幅に低下”

・おしゃれへの関心を過去との比較でみると(図1)、おしゃれへの関心が最も高い18-24才女性で「積極的におしゃれをしたい」意識は2011年には5割だったのに対し、2015年では3割以下まで低下。
main

“「清潔感」「シンプルさ」重視。今は『着飾る』おしゃれではなくなった?”

・おしゃれや身だしなみで心がけていることは、男性、女性ともに「清潔感」がトップ。
・女性についてみると(図2)、24才以下では「清潔感」が大幅に上昇、「年齢にふさわしい」「シンプル」もアップ。一方、「自分らしさ・個性」「センスがよい」「流行おくれでない」などが低下しており、『着飾る』おしゃれから変化していると思われる。
・25-29才では「年齢にふさわしい」の他、「健康的な美しさ」が上昇している。
sub1

 

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます