長年でついてしまったカラダのクセを正せば、全盛期のカラダが取り戻せる【前編】(2017.01.15)

つい、貧乏ゆすりしてしまう、話ながらつい腕を組んでしまう…誰しも、ひとつくらいは自分のカラダに染み付いたクセが思い浮かぶだろう。

しかし、今回、修正するクセとは、そういった意識すれば直せるものではなく、長年生きてきたなかでついてしまった、無意識的なクセのこと。

人間は、臓器などが左右非対称になっているため、100%ゆがみの無いカラダはあり得無いが、関節が本来の役割を果たせていなかったり、筋膜のコリによって、カラダのクセは発生する。

姿勢は意識すれば正すことができるが、これは一時的に元に戻しているだけで、ついてしまったカラダのクセが直っているわけではない。

カラダが一部分でもコッていたり、筋力が低下していたりすると、それ以外の部位の痛みが発生してします。つまり、原因を探く、元を正すことによって発生していた肩こりや腰痛なども和らげることができるという。

何はともあれまずは、自分のカラダにどのようなクセがついてしまっているのか、それを知る必要がある。

やってきたのは、連載でもお馴染みのフィジカルトレーナー・吉田輝幸さんが代表を務めるジム「PCP」だ。

■カラダの状態を正確に測り本来の機能へと導くジム

_MG_1948

対応してくれたのはトレーナーの熊山陽香さん

PCPでは、ただ痩せるだけ、ただ筋肉をつけるだけ、という表面的なトレーニングは行わず、年を重ねるごとに失ったカラダ本来の動きを取り戻し、目的別に、機能的で無駄の無いトレーニングを組んでくれる。

そのため、いきなりトレーニングを始めるのではなく、今現在、カラダがどのような状態にあるのかをチェックしていく。今回はそのチェックの模様をレポートしていこう。

_MG_1939

自分が目指すカラダを正確に伝えるため、いくつかの質問項目に答えていく。その後、体組成計で筋肉量や脂肪量を計測。

_MG_1967

 

_MG_1977

編集・加藤の場合、全体的に標準よりも少々高めな数値。中学高校と運動部に所属してきたので、筋肉量はあるが、日頃の不摂生がたたり脂肪も蓄積している状態だ。

トレーナー曰く、年齢を重ねるごとにカラダが動きづらくなったり、調子が悪くなるのは、もちろん老化の要素もあるが、それ以上にカラダが本来の機能を発揮できていないことに由来するそう。

そのきっかけは、運動時のケガであったり、痛みに由来することが多く、無意識的にかばった動き方をしているうちに、カラダの動きにクセができてしまうのだという。これを、本来あるべき関節の位置と筋肉の動きに戻してあげれば、運動能力も向上し、痛みもとれるというわけ。

加藤の場合、バスケットボールをしていて、中学生の時に右足首の靭帯を断裂している。それ以来、跳躍力、瞬発力がケガ前より向上することはなかったのだが、カラダの位置を戻し、そのケガを補助する筋肉のつけ方をすれば、28歳という年齢からでも、ダンクシュートを目指すのも無理な話ではないという。

次回、カラダのクセを見抜く、アセスメントを実践!

【関連情報】

PCP エントランス写真

PCP(Professional Core Performance)の理念は『身体を変え、常識を変え、世界を変える』こと。中目黒でひっそりと佇むプライベート空間。日常の喧騒から少し離れ、自分の身体と向き合える大切な時間、運動を通し、肉体的・精神的に、これから先の人生をより豊かにする手伝いをしてくれる。

PCPアセスメントで姿勢や動きの癖、カラダのコリや柔軟性、筋肉量などを測定し問題点を見つけて、1人1人にあったプログラムを作成。日本より遥か先を行く欧米でアスリートも実践している最新の理論と設備を積極的に取り入れているジムだ。

 http://p-core-p.com/

〒153-0061 東京都目黒区中目黒3-6-2 中目黒FSビル4F
TEL : 03-5724-3035
Mail : info@p-core-p.com
営業時間 : 9:00–22:00 (月–土) / 9:00–18:00 (日・祝祭)
休館日 : 年末年始

・入会金
一般:3万2400円 / 学生:2万1600円
PERSONAL TRAINING パーソナルトレーニング
60分:1万800円 / 90分:1万6200円
毎回のセッション時に水・タオル・サプリメントをサービス
シャワー(バスタオル・シャンプー・トリートメント・ボディソープ・洗顔・化粧水)完備

文/加藤 敦(Men’sBeauty編集部)

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます