ダイエット中でもイケる!絶対くる”マルチトール”を使用した最高級チョコ(2017.01.26)

午後のおやつタイムやちょっと疲れて小腹が減った残業時間中、「チョコレートを食べて気分転換したい!」と思うけれど、ダイエット中だったり糖質コントロールしていたりして、諦めている人も多いのでは? そしてチョコが食べられないことがさらなるストレスにという、負のスパイラルに陥っている可能性も⁉

そんな悩みを抱えたチョコ好きに朗報あり。血糖値が気になる人や糖質などの食事制限をしている人にもオススメできるノンシュガーのグルメチョコレート『ドクターズチョコレート』(2種)が発売された。

IMG_2333

左は『ドクターズチョコレート ダーク』、右は『ドクターズチョコレート ミルク』(各30g)各500円。ともに、砂糖・糖類は0.00g。糖尿病ならびに予備軍のおやつとして多くの管理栄養士や薬剤師からも推奨され、全国の調剤薬局と、一部の病院およびクリニックにて取り扱う。

最高級のチョコレートを原料に、低GI、低カロリー、コレステロールゼロを実現。もちろんグルテンフリーだ。チョコレート好きが多く、レベルの高い日本人の嗜好に合わせ食感や風味などにもこだわりがある。

使用しているカカオは、ベルギーチョコレートでも最高級ブランドのカレボー社のもの。世界中のショコラティエから支持され、愛され続けているプロフェッショナルブランドだ。原料となるカカオは、生産地域の自然環境の保護や再生、減農薬・無農薬栽培の推進、トレーサビリティーおよびトランスパレンシー(お金の流れの透明性)の確保、農園労働者家族の教育、医療支援等の生活環境の改善を目的とする、安心・安全なサスティナブルカカオ(=持続可能性に配慮したカカオ豆)のみを使用している。

実際に食べてみると、ダーク、ミルクとも口どけがよく、甘味料にありがちなくどい甘さや苦みなどはない。カカオの余韻が長く、一粒味わっただけでも満足できる味わいだ。

IMG_2338
一辺が約1㎝のキューブ状。左の『ドクターズチョコレート ダーク』は、ビターなカカオの香りが印象的。右の『ドクターズチョコレート ミルク』は、ミルク感たっぷり。
なお、使用されている甘味料はマルチトール。トウモロコシやジャガイモなどに含まれる麦芽糖を還元することで生成される天然由来の低カロリー甘味料で、苦みなどのクセもなく、甘味度は砂糖の約80%、カロリーは1/2。ブドウ糖として小腸で消化・吸収されないため、血糖値やインシュリン分泌への影響はほとんどないという。

気分転換したくなったら、数粒食べてリフレッシュ! 〝チョコが食べられないストレス〟からも解放されるぞ。

問い合わせ先/マザーレンカ tel.0120・622・652

取材・文/はまだふくこ

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます