• TOP
  • オーラルケア
  • 意外とできていないかも!?最低限守るべき歯科の受診マナー

意外とできていないかも!?最低限守るべき歯科の受診マナー(2017.02.15)

011

歯科医院といえば、幼い頃、あの「キーン」という歯を削る独特の音に恐怖心を感じていたことを思い出すものだ。その印象から、なんとなく歯科医院にはネガティブなイメージを持ってしまう人も多いだろう。しかし、マナーを守れば気持ち良く受診することができるはずだ。歯科医師も歯科助手に迷惑をかけず、しかるべき施術を行ってもらえるよう、歯科医院でのマナーをチェックしておこう。

■歯科受診時の基本マナー

021

 歯科医院を受診する際は、自分の歯の具合や、歯科への潜在的な恐怖などでいっぱいっぱいかもしれないが、最低限のマナーは守るべき。患者といえども、その点、わきまえておきたい。まずは歯科医院の受診時の基本マナーから確認していこう。

◎必ず歯磨きをしてから行く

仕事の帰りであっても、歯磨きは最低限のマナーである。歯が汚れていると正確な診断がしづらく、治療にも支障が出るといわれている。当日のランチメニューには、にんにくやネギなどの臭いの強いものは控えるのもマナーといえる。

◎予約時間は必ず守る

ほとんどの場合、歯科は予約制をとっている。遅刻、ドタキャン、無断キャンセル、予約なしで行くなどはNG。予約をしたら必ずその時間に行こう。

◎治療中は歯科医師の指示の下、動かない

突然頭を動かすなどは、治療の妨げになるだけでなく、口腔内を傷つけるリスクもある。大人しく歯科医師の指示に従って、動かないようにしよう。

◎30分はものを食べない、入浴は控えるなどの指示を守る

施された歯科治療によっては、ものを30分は食べないように、当日の入浴は控えるようになどの指示がある場合がある。必ず守るようにしよう。

◎通院の必要がある場合、間を開けずに通う

もし1回で終わらず、数回通院する必要が出てきた場合は、その回数は必ず守ってしっかりと最後まで治療しよう。どうしても仕事で忙しく、日程通り通えない場合も、歯科医師に相談して調整したい。

◎症状から勝手に治療法を決めつけて歯科医に強要しない

歯科受診の前に、勝手に自分の症状を決めつけ、事前にネットなどで治療法を限定するのはNG。歯科医師はその場で正しい診断をし、その診断に応じて治療法を決めて、歯科の方針通りに治療を行う。事前に調べたとしても、歯科医院への受診の際には、基本的に歯科医師の指示に従い、疑問点はその都度解消して、納得のいく治療を行ってもらおう。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます