尻の筋肉をほぐして腰痛を緩和するポーズ【男のヨガ講座】(2017.02.15)

■薪のポーズ(Agnistambhasana)

難易度 

【効果】

・股関節を緩める
・お尻のストレッチ
・腰痛緩和

股関節やお尻をほぐすポーズ。お尻周りの血流を促し冷えを改善します。

■STEP1

立て膝で座る(体育座り)。息を吐きながら右膝を倒し、右足を左膝の下から出す。

■STEP2

次の吐く息で左膝を倒し右足の上に左膝、右膝の上に左足が来るように重ねてキープ。

_MG_8341

■STEP3

脚を崩したら反対側も同様に行う。

・左右の脛がマットと平行になるようにする。
・左右の坐骨に均等に体重が乗るように意識する。
・骨盤を立てる意識。

さらに前屈を加えるとお尻がよく伸びます。

_MG_8350

お尻の筋肉は意外に凝り固まっており、ここをほぐすことで腰の重みが軽減することもあります。腰痛は様々な要因が考えられますが、お尻の筋肉のコリやそれによって血行不良が招く冷えなども原因と考えられます。

オフィスなどでも長時間座っていて腰が疲れた時などは薪のポーズアレンジをやってみましょう。片足を反対の膝の上に乗せ(少し行儀悪くなりますが…)状態を前屈させます。

息を吐きながら上半身の重みを利用してダラーっと倒れるとお尻周りがよく伸びますよ。

文・モデル/國本さくら 撮影/野口 佳那子(owl)

_MG_1736

元モデルの経験を生かし、男女ともに綺麗に見られる体づくりを提案する美容ライター。ヨガインストラクターの資格も持っており、日常に取り入れられるヨガポーズをわかりやすく解説してくれる。

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます