脚のむくみ改善とストレッチになるポーズ【男のヨガ講座】(2017.02.17)

■半分の前後開脚(Ardha Hanumanasana)

難易度 

【効果】
・ハムストリングのストレッチ
・むくみ改善
・お尻のストレッチ

お尻から脚の裏側を全体的に伸ばすポーズ。硬くなりやすい脚の裏側の筋肉を刺激し、血流を促すことができます。

■STEP1

膝立ちから始める。右足を大きく一歩前に出し両手を床につく。

■STEP2

息を吸いながら一度上体を長く伸ばし、息を吐きながらゆっくりと腰を後ろに引く。右足を伸ばしてキープ。

_MG_8325

POINT
・爪先は天井方向に向ける。
・上体は前屈させてリラックスする。
・前足側の骨盤が前に出やすいので左右の骨盤の位置が並ぶように意識する。

■STEP3

息を吸いながら腰を前に戻し、右足を引き四つんばいに戻ったら反対側も同様に行う。

【ヨガのこばなし】

正しい骨盤の位置を理解する

骨盤が正しい位置にある状態を“ニュートラル”と表現します。

では骨盤がニュートラルになっているのはどんな時かというと、“骨盤が床に対して垂直にまっすぐ立てている状態”を言います。

よくあるのが腰を反りすぎた状態で骨盤が前に倒れている“骨盤の前傾姿勢”、腰が埋まり背中が丸まっている“骨盤の後傾姿勢”です。

左右非対称のポーズをとる場合、左右上下のどちらかに傾きやすくなりますが高さ・前後で左右のポジションが揃うように意識することでよりポーズの効果を正しく得ることができます。

文・モデル/國本さくら 撮影/野口 佳那子(owl)

_MG_1736

元モデルの経験を生かし、男女ともに綺麗に見られる体づくりを提案する美容ライター。ヨガインストラクターの資格も持っており、日常に取り入れられるヨガポーズをわかりやすく解説してくれる。

ヨガウエア提供:Flemew 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます