• TOP
  • パナソニック
  • 季節の変わり目こそ要注意!気になる乾燥肌&毛穴汚れをフルコースで徹底ケアしてみた【PR】

季節の変わり目こそ要注意!気になる乾燥肌&毛穴汚れをフルコースで徹底ケアしてみた【PR】(2017.02.28)PR

_32A8747

今回使用した製品たち。写真左より毛穴吸引『スポットクリア EH2513P-K』、『スチーマー ナノケア EH-SA97』、洗顔美容器『濃密泡エステ EH-SC53』。

ここからは、登場した各アイテムについて、特徴や使用法をおさらいしておこう。

_32A8708

まず、「濃密泡エステ」は注入口から洗顔料を入れ、付属の計量キャップで所定の水をアタッチメントに注ぐ。次に電源を入れ、モードを「ノーマル」「ソフト」から選択。顔のエリアを右頬、左頬、額の3か所に分け、1エリアあたり約20秒を目安に使用していく。本体には約20秒でいったん停止して、再び動く「お知らせタイマー」機能が搭載されているので活用してほしい。

なお洗顔料は手作りのものや、スクラブ入りまたはピーリング作用のあるタイプは使用できない。汚れをしっかり落としたいときには、付属の「洗顔ブラシ<ソフトタイプ>」もおすすめだ。

_32A8730

「スチーマー ナノケア」は、温スチームとミストを含んだ冷風による温冷美容により、肌のハリ感を高めてくれるスチーマー。本体には温スチームと冷風が自動的に切り替わる「自動温冷コース」を5パターン搭載。〝いきいきとした肌に〟〝肌のハリ感アップ〟〝毛穴を目立ちにくく〟など、目的別に選択できる。今回は〝いきいきとした肌に〟をめざす「クリア肌コース」を選択。トータル約13分30秒のコースで、しっかりケアを行なった。

なお専用のアロマタブレット(別売)を使えば、アロマの香りを楽しみながら、スチーマーを使うことができる。

_32A8737

仕上げは毛穴に詰まった皮脂汚れを吸い出す「スポットクリア」だ。使い方は小鼻の周囲は、頬から鼻に(外側から内側に)、鼻は眉間から鼻先に向かって(上から下に)、それぞれ滑らせて使用。1か所に静止するのはNG。またニキビや炎症を起こしているエリアも避けること。以上に注意すれば、気になる部分の皮脂汚れをしっかりケアしてくれる。

こうしてスキンケアの基本である洗顔、そしてスチーマーからスポットクリアへの流れで、肌のハリ感に加え、小鼻の周囲の黒ズミ汚れもケアできたようだ。またスチーマーでは、かなりのリラックス感も体験でき、1年を通じてケアを続けてみたくなった。

撮影/人物、製品:久保田育男(owl)、動画:岩田安史(owl)

協力/パナソニック

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます