ウエストを引き締めるお手軽体幹トレーニング(2017.02.25)

ウエスト引き締めに効果的なツイストニーアップ

2485

吉田「今回のトレーニングは以前ご紹介したプランク(腕立て伏せ)の形から始めます。体幹の筋肉を鍛えながら、ウエストも絞るためのトレーニングです。」

2486

2488

 

吉田「腕立て伏せの形をとったら、右膝を左肘にぶつける気持ちで脚を動かします。実際に付かなくても大丈夫ですが、なるべく近づけると効果が高いです。

すぐに脚を戻して、今度は左膝を右肘にぶつけるように脚を動かします。これを交互になるべく早く行ってください。30秒〜60秒で心拍数が上がって息が切れてくるとおもいます。これまでのトレーニングで体力がついている人は、もう少し長めに時間を取るといいでしょう。」
NG

2501

吉田「脚を動かすときに、腰を高く上げてしまうと体幹トレーニングの効果がなくなってしまいます。腰の位置は低く。腕立て伏せのスタートボジションを常に意識してトレーニングしましょう。」

吉田トレーナーの今日の教訓

・脚を出す際、腰を上げないように注意!
・脚の動きはとにかく速くするべし!

フィジカルトレーナー
吉田輝幸

36310

1975年生まれ。国士舘大学体育学部卒業。大学卒業後に本格的にパーソナルトレーナーの道を進むため、渡米。帰国後はさまざまなスポーツ、ジャンルのアスリートのフィジカルトレーナーとして活躍。正しい身体の使い方、正しい動きによって最高のパフォーマンスを引き出す「吉田コアパフォーマンスメソッド」を提唱。現在は、トップアスリートやモデル、アーティストなどが通うトレーニングジム、「PCP」のフィジカルトレーナー&ディレクターを務める。また、多くのフィットネスクラブや専門学校でのパーソナルトレーナー養成やトレーニングマシーン開発補助、テレビや雑誌などさまざまなメディアでも活動している。

PCP
http://www.p-core-p.com/

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます