• TOP
  • スキンケア
  • 【コスメのなかみ】保湿・殺菌に有用だが、注意して使いたい「プロピレングリコール」

【コスメのなかみ】保湿・殺菌に有用だが、注意して使いたい「プロピレングリコール」(2017.03.15)

無色無臭のやや粘り気のある石油由来の有機化合物。PGと表記されることが多いが、「1,2-プロパンジオール」や「1,2-ジヒドロキシプロパン」と表記されることもある。

bottles-1433611_1920

※画像はイメージです

吸湿性が良く保湿、殺菌、乳化作用があり、シャンプーや歯磨き粉等の化粧品や医薬品をはじめ、食品や制汗剤やウエットティッシュ、工業用の不凍液等にも使用される。また、溶剤としても優れている。

人体への毒性は低いとされているが、表示指定成分である。皮膚への浸透力が強く、過敏症を生じたり慢性的な使用には注意をしたい。

また一部では染色体、赤血球等の異常や腎臓等の障害を起こしたり、発がん性があるとも言われている。

現在の日本では、使用している化粧品や食品は少なくなってきており、使用されていたとしてもほんの数量だと言われているが、

海外の育毛剤等では使用されているものも多くあるようだ。特に敏感肌の人は、成分表示に気をつけて選ぶことをオススメする。

文/Men’sBeauty編集部(maru)

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます