• TOP
  • ヘルスケア
  • スマホを使う時の悪い姿勢を直すかんたんトレーニング術

スマホを使う時の悪い姿勢を直すかんたんトレーニング術(2017.03.30)

疲れにくいスマホを操作する姿勢をつくるトレーニング法

普段、みなさんはスマホを、どれくらいの時間使用しているだろうか。長時間の使用は、どうしても下向きの猫背の姿勢になりやすく、肩こりや首こり、目の疲れなど、身体の不調が起きてくる。そこで、姿勢改善を得意とするインストラクターに、スマホを操作する良い姿勢を作るコツを聞いてみた。

■スマホを操作中、こうなったら悪い姿勢!

疲れにくいスマホを操作する姿勢をつくるトレーニング法

普段、スマホを使うとき、どのような姿勢をとることが多いだろうか。客観的に自分を振り返って、思い出してみて欲しい。首の角度、スマホを見る手の位置。スマホを長時間使っていて、疲れを感じやすいという人は、姿勢が良くないのかもしれない。

バース ピラティススタジオで姿勢改善の指導をしているインストラクターの清水まいこさんに、スマホ操作の悪い姿勢について教えてもらった。

「悪い姿勢に気づくポイントは、スマホを操作しているときに、居心地が悪くなるかどうか。椅子やソファに座って操作するとき、背もたれに寄りかかりながら、どんどん浅く座っていったり、座っていることもできなくなって寝転んだりしていませんか? それは『スマホ操作が苦しくなってきている』赤信号です」

清水さんによれば、スマホの悪い姿勢を続けると、首や肩のこり・痛み、首周りの筋肉の緊張による頭痛、目の疲れ、胸郭出口症候群(症状例:手が冷たくなる・しびれなど)などの症状が起きることがあるという。

具体的には、スマホを操作中、次のような流れで悪い姿勢になっていく。

<スマホで悪い姿勢になる流れ>

●目線を下に落としてスマホを操作することで、頭部を支える筋バランスが崩れ、首や肩が緊張!

●猫背姿勢になり、肩甲骨まわりの筋バランスが崩れる。

●操作している腕が、さらに肩・首へ負荷をかけ、こりを促進させる。

●頭を正しい位置にする筋肉が、前方へ引っ張るように働くため、猫背姿勢から抜け出しにくくなる。

●長時間伸ばされた筋は元に戻る力を失い、猫背姿勢がさらに悪化。こりから痛みへと変わっていく。

「悪い姿勢を長時間とってしまうと、予想以上に首・肩が緊張します。一番問題なのは、これに対する改善策が提案されていないことです。座ってのスマホ操作が辛くなり、“寝ながらスマホ”操作に移行してしまうことで、さらに良くない姿勢を生んでいきます」

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます