男の「ぽっこりお腹」を楽に解決する2大ドローイン術(2017.04.06)

年齢に伴う基礎代謝の低下や運動不足によって、いやおうなしに襲いかかる男の「ぽっこりお腹」。見た目もよくないし、このままではメタボ一直線と不安になって、シットアップ(腹筋運動)に励んでいる人も多いことだろう。

ところが、シットアップをやみくもにやっても、「ぽっこり腹」の解消につながらないことがある。その理由は、シットアップが鍛えるのは主に腹直筋だが、腹部が「出る/凹む」に関係するのは腹横筋だからである。腹横筋は、腹直筋の下にあるインナーマッスルであり、腹腔内圧を高め、内臓を本来の位置に留める働きがある。

161007-222_TP_V

ここが鍛錬されていないと、内臓を支える力が弱まって、腹が出てくる。過食でためこんだ内臓脂肪もそこにあれば、立派な中年太り体型のできあがり。ボディビルダーでも、腹横筋を意識して鍛えている人は意外に少なく、他は筋骨隆々なのに、腹部だけ弛緩しているパターンが多いと聞く。

腹横筋を無理なく鍛え、ぽっこりお腹解消におすすめの運動が、今回紹介する「ドローイン」(draw-in=「内側に引き込む」の意味)。ごくシンプルな方法ながら、その威力は驚異的で、1回やってみただけでウェストが2cmダウンする人がいるくらい。

エクササイズの専門家によって、ドローインには幾つもの方法があるが、ここでは「GETTAMAN式ドローイン」と「ピラティス式ドローイン」を紹介しよう。

■GETTAMAN式ドローイン

独自のエクササイズやダイエットでメディアでも有名なGETTAMAN(ゲッタマン)こと竹之内敏氏が編み出したドローイン。両腕を上げるのが特徴で、こうすると胸郭が広がり、横隔膜が動きやすくなって、腹式呼吸がしやすくなる。

1. まっすぐ立つ。下脚を肩幅に開き、かかとと親指のつけ根に重心を置く。
2. 両腕を上にまっすぐ挙げる。
3. 息を吸いつつ両腕を少しずつ下げる。両肩の高さまで下がったら、腹部をふくらませる。
4. 息を吐きだしながら、両腕をまた上に少しずつ挙げ、腹部をへこませる。
5. 1~4を3回繰り返す。そして、息を吐き切り、両腕が頭上にあるままで、腹部をへこませた状態を10秒保持する(呼吸は止めない)。

以上を1セットとし、3回繰り返す。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます