• TOP
  • ヘルスケア
  • 「ハーブ」人気が再燃!? 今年の春は「ハーブアレンジ」がトレンドの予感

「ハーブ」人気が再燃!? 今年の春は「ハーブアレンジ」がトレンドの予感(2017.04.16)

生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研は、このたび、フードやドリンクにハーブを取り入れる「ハーブアレンジ」についてレポートしたので、詳細を見ていこう。

ハーブイメージ画像

1:「ハーブアレンジ」とは?

スーパーフードやヴィーガンメニューが世界的に注目を集めるなど、ヘルスコンシャスなマインドを持つ人が増えている昨今。 こうした中で、2017年の春に注目したいのが「ハーブ」を取り入れたグルメやドリンクだ。

現在、NYでも「アダプトゲンハーブ」と呼ばれる、免疫機能をサポートして、ストレスへの抵抗能力を高める働きをもつ天然のハーブ類がトレンドのきざしを見せている。また、日本でも、定番のハーブティーなどだけではなく、野菜ジュースやお酒といった分野でも「ハーブアレンジ」商品がぞくぞく登場。さらに、ハーブの専門店が登場したり、ハーブを取り入れた新メニューを展開するお店が出てきたり、という動きも目立っている。

そこで、トレンド総研では今回、このようなフードやドリンクにハーブを取り入れる楽しみ方を「ハーブアレンジ」と総称し、専門家のコメントや、働く女性への調査結果などをもとにレポート。

2:「ハーブアレンジ」注目の背景

はじめに、「ハーブアレンジ」に注目が集まりつつある背景について、トレンドウォッチャーのくどうみやこさんに話を伺った。

<専門家プロフィール>
くどうみやこ / トレンドウォッチャー 
「トレンドウォッチャー」として、トレンドや時流をとらえた情報をさまざまなメディアを通じて発信。テレビ・ラジオ番組の出演から企画、商品のプランニングやキュレーション、講演、執筆など、活動の幅は多岐にわたる。近年は、大人世代のライフスタイルの提案からマーケティングまで、新しい大人ライフを提唱する「大人ライフプロデューサー」としても活動している。

■2017年は「ハーブ」を取り入れたグルメやドリンクに注目!
近年、NYやLAなど、アメリカ発のヘルストレンド、食トレンドが日本にも波及する流れができています。ここ数年は、アサイーやチアシードに代表される「スーパーフード」などが人気を集めてきましたが、今年新たに注目したいのが「ハーブ」を取り入れたグルメやドリンクです。バジルやレモングラスといった馴染みのあるハーブから、日本ではまだよく知られていない種類のものまで、アメリカでは健康志向の高い人達の間でハーブの良さが再認識されています。

特に、NYではすでに「ハーブ」がネクストトレンドとして注目され始めています。中でも話題になっているのが、「アダプトゲンハーブ」と呼ばれる、免疫機能をサポートし、ストレスへの抵抗能力を高める働きをもつ天然のハーブ類。これらのハーブを、ジュース、スムージー、お茶など、いつものドリンクにプラスして、手軽に楽しむのがNY流のスタイルとなっています。

今後日本でも、働く女性などを中心に、食生活の中にハーブを加える「ハーブアレンジ」をキーワードにしたメニューや商品がトレンドになっていきそうです。

◆日本でも「ハーブ」を取り入れたメニューや商品がぞくぞく登場
昨年は、ハーブの1種である「パクチー」が大ブームになるなど、日本でも「ハーブ」を美味しく味わう土壌ができつつあります。パクチーが女性を中心に人気を集めた理由は、その独特の味と風味もさることながら、美容や健康に嬉しい効果と、さまざまなメニューに取り入れられるバリエーションの豊富さも要因といえるでしょう。パクチーが苦手な人でも、バジルやミント、レモングラスなどのハーブ類は、比較的チャレンジしやすいと思います。

近年は定番のハーブティーの他にも、さまざまな楽しみ方が浸透しつつあります。例えば、美容意識の高い人の間では、ハーブをシロップに漬け込んだ「ハーブコーディアル」と呼ばれるイギリス発のドリンクが人気。また最近は、野菜ジュースやお酒などの分野でも「ハーブアレンジ」商品が次々と登場しており、少し変わりダネだと「ハーブティー茶漬け」が楽しめる新商品まで発売されています。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます