【スキンケアの基礎】年齢相応に見られるには?(2017.04.17)

オールインワンが主流であったメンズコスメも、今はラインナップが拡充して「洗顔料」「化粧水」「乳液」と細分化されてきた。そんな中、最近の新商品でよく耳にするのが「セラム」。まだ使ったことがない、買ってはみたけどイマイチどんなものか分からないという人のために、解説をしていこう。

セラム(serum)は本来、血清という意味。血液が凝固して上澄みにできる淡黄色の液体成分のことを血清という。ヘビに咬まれた際、治療に使うアレのことだ。

ただ、化粧品でいうセラムは何かの血液から作られているわけではなく、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)を促し、特にアンチエイジングの効果があるものに対して「セラム」という商品名をつけている。

PB060774
直訳は「血清」という意味だが、血液から作られているわけではない。

つまりは、ミドルエイジにぴったりな、年齢に応じたスキンケアができる美容液と考えてもらっていい。肌の保湿性を保ちシワを防いだり、新陳代謝の促進によりシミを薄くしたり、美白効果がある商品も存在する。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます