• TOP
  • フレグランス
  • あなたの香水は「オード○○」?種類よって使い方を変えよう

あなたの香水は「オード○○」?種類よって使い方を変えよう(2017.05.02)

香水の一般的な定義は「香料をアルコール酒精や蒸留水で溶かして作られた、体などにつけて香りを楽しむための化粧品の一種」である。香水の種類は、賦香率(含まれる香料の量)によって分かれていることはご存知だろうか? すべて「香水」には間違いないのだが、種類によってつけるタイミングや場面が変わってくるので、知っておけば香りマネジメントの幅が広がる! ほかに香料や香調による分類もあるが、今回は賦香率による分類を改めて紹介しよう。

賦香率による分類では、パルファン(15~30%)、オードパルファン(10~15%)、オードトワレ(5~10%)、オーデコロン(1~5%)の4つに大別される。賦香率が高いほど香りに奥行きと深みがあり、長時間持続する。また一般に賦香率が低くなるほど価格も手ごろになるが、ブランドやメーカーにもよるので一概には言えない。

パルファン(英語はパフューム)

賦香率=15~30%、アルコール濃度=75~80%、蒸留水=0~5%。香りの持続時間=およそ5~7時間。香りが豪華で濃厚、フォーマルな場所にふさわしい格調高いタイプ、上級者向け。

一例

ナルシスノワール
キャロン『ナルシス・ノワール』(15ml) 2万円。
1904年創設のフレグランスハウス、キャロンの最高傑作のひとつ。

オードパルファン

賦香率=10~15%、アルコール濃度=80%、蒸留水=5~10%。香りの持続時間=およそ5時間。パルファンよりも気軽につけられるタイプ。香りの持続時間はパルファンと同程度に長いものもあり。ちなみに、オード(Eau de)とは、「水の」という意味。香りがついた水というニュアンスで使われます。読み方はオード、オーデ、どちらでも正しいです。

一例:
ランセ
ランセ『ル・ヴァンカー』(50ml)1万2000円。
ナポレオンⅠ世に捧げた、その名も征服者という香りのオードパルファン。ボトルは、ナポレオンがエジプト遠征から持ち帰ったオベリスクにちなんだデザイン。

オードトワレ

賦香率=5~10%、アルコール濃度=80%、蒸留水=10~15%。香りの持続時間=およそ3~4時間。ソフトに香り、カジュアルで気軽に使いやすいカテゴリー。

一例:
TOKYO
ザ・ディファレント・カンパニー『レスプリ コロン“TOKYOブルーム”』(90ml)1万3000円。
オーデコロンのように軽く、フレッシュさを感じさせながらもトップ、ミドル、ラストノートがきちんと構成されたオードトワレ。深みとまろやかな調和を楽しめる。

オーデコロン

賦香率=2~5%、アルコール濃度=90%以上、蒸留水=5~10%。香りの持続時間=およそ1~2時間。爽やかで軽く香り、ひと吹きすれば気分転換になる。最も手軽で使いやすい。

一例:
オーコロン
キャロン『オー・コロン』(100ml)8500円
一日中いつでも気軽につけられる。フレッシュな中にシトラスの香りがひろがる。

なお、紹介したザ・ディファレント・カンパニー『レスプリ コロン“TOKYOブルーム”』のように、賦香率はオードトワレに分類されるが軽やかに香るものや、逆に賦香率はパルファンやオードパルファン並みに高いが優しく香るもの、ベビー向けにアルコールが入らないものなどもある。

取材協力/フォルテ http://www.forte-tyo.co.jp/

※価格は全て税込み。

取材・文/はまだふくこ

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます