ディーン・フジオカに学ぶ。ナチュラルショートの色気(2017.05.02)

※イメージ画像:「ディーンフジオカInstergram(tfjok)」より
出典:「ディーン・フジオカInstergram(tfjok)

現在、俳優の中で「最もモテる」旬な男といえば、ディーン・フジオカだろう。NHK連続テレビ小説『あさが来た』で五代友厚役を熱演し、「五代ロス」という言葉まで生み出したほどの大ブレイクを果したイケメン俳優である。

中国と日本のハーフであるディーン・フジオカ。日本という枠に囚われることなく活動の幅を世界に広げており、香港や台湾、米国ではすでに有名な存在になっており、もはや国際的なスターと言っても過言ではない。また、俳優だけでなくモデルやミュージシャン、監督業までこなすマルチな才能の持ち主でもある。

そんなディーンのヘアスタイルは、基本的には黒髪のショートミディアム。自然な質感のパーマをかけており、前髪を6:4で分けた爽やかな好青年風から、落ち着いたセクシーなオールバック、パーマを生かしたワイルド系のスタイルまで、さまざまなアレンジを効かせ、世界中の女子たちのハートをバチバチと射抜いている。

オン・オフで印象をガラリと変えるギャップをねらえ!

ポイントは、ベースにあくまでもナチュラルなショートを選択していること。だが、場面によってスタイリングを使い分けているため、その時によって印象がガラリと変わる。そして、そのギャップにこそ、女性がときめく最大のポイントであることは言うまでもない。

いわば「ディーンのモテ・テクニック」とも言うべきこのスタイリング術は、会社とプライベートのオン・オフの切り替えに通じるところがあるため、実生活でも応用しやすいだろう。

ディーンは、TBS系ドラマ『ダメな私に恋してください』に出演していた。役どころは、深田恭子演じる主人公・ミチコの元上司である喫茶店のマスター・黒沢。「ドS」なキャラクターで主人公を翻弄する、いわゆるツンデレ系のメガネ男子という設定だ。

2

このドラマでのヘアスタイルは、ナチュラルなパーマがかかったマッシュヘア。トップに少しボリュームを出した上で、軽くツヤ感のでるワックスでラフに仕上げてある。ほんのちょっとインテリっぽさを感じさせつつ、年下のいたずらっ子のような無造作ヘアで母性をも同時にくすぐってしまうという高等テクニックのコンボなのだ。

髪型チェンジ以外にも使えるテクニック

とはいえこの髪型は、普段のディーンのベースヘアよりも少し短めのカットが施されている。ディーンのスタイリングの最重要ポイントである「ヘアアレンジで大幅な印象の変化をつける」ことが難しい髪型でもあるのだが……。

しかし! いま最高に旬な男・ディーンは、ヘアスタイル以外の部分でも乙女心を揺さぶりにかけてきやがるのである。ポイントは、このドラマにおける最重要アイテム「黒縁メガネ」。

メガネを着けている時は「ドS」な上司顔、外した時はプライベートのリラックスした顔、と印象を使い分け、メガネが単なる小道具の役割を越えて、見事なギャップ萌えを演出させているのである。まさにヘアアレンジだけに頼らず、ちょっとした小物使いで印象を変化させるテクニック。ここまでやりきるディーンのモテ哲学に、学ぶべきところは多いはずだ。

常に変化を意識したスタイリングこそが、ディーンのモテ・スタイルの真骨頂。ぜひこれらのポイントを参考にした上で、自身のモテ・スタイルを確立していただきたい。

文/西たまお

配信サイト:「Men’s Beauty」
好印象を作る男性美容はもはや必須スキル! ビジネスマンのための美容強化WEBです。

HP:http://beauty-men.jp/

Men’s Beauty公式TwitterやFacebookでも情報を配信中。今すぐフォロー&いいね!

Twitter:https://twitter.com/beauty_mens
Facebook:https://www.facebook.com/otokomaeproject/

キュレーションメディア好評配信中!

antenna公式チャンネル:https://antenna.jp/

SmartNews:https://www.smartnews.com/ja/

カテゴリー設定方法:アプリを開き、上部のカテゴリータブを長押し。最下部の「チャンネルの追加」をタップ。「カテゴリ」内にある「ライフスタイル」をタップ。「ヘルスケア」が出てくるので登録すると、Men’s Beautyの記事が随時配信されています。ほか、「コラム」や「トップ」カテゴリーでも配信中!

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます