• TOP
  • ヘルスケア
  • 腰痛の原因は思い込み!? 画期的な痛みマネジメント術「CD4」とは?

腰痛の原因は思い込み!? 画期的な痛みマネジメント術「CD4」とは?(2017.05.02)

日常生活で、重い荷物を頻繁に持ちあげている人は、それほど多くないだろう。にもかかわらず、多くのビジネスマンを悩ませる腰痛。

マッサージや整体に通っている向きも多いだろうが、この腰痛をなんと自分で治せるプログラムが開発された。その名も『CD4』。一体どういう理論なのだろか。開発者の浅田史成先生に伺ってみた。

9e6f47b88e1b13db23092208d6f2dc93_s

■腰痛の原因は「思い込み」だった!?

浅田先生曰く、慢性的な腰痛持ちの人は、何となく自分で痛みを探している傾向にあるという。

浅田「腰痛持ちの方は、痛みに過敏になっている状況が伺えます。そして腰だけでなく肘や手首やなんだか頭まで痛い……と。これはどういうことかと言うと、

常日頃から痛みを持っている人は、ちょっとした痛みを感じるだけでも、ものすごく痛く感じてしまうんです。

どういう時に痛かったのかを、克明に脳の中に刷り込んでいっているんですね。例えば前屈動作を普通にできていた人が、たまたま何かの拍子に一度痛い思いをしたあとは、前屈の写真を見るだけでも腰が痛くなる例もあります」

本当はたいした痛みでもないのに、意識の刷り込みから、実際以上に痛いものだと思い込んでいるようなのだ。

浅田「でもこれは、ある面、仕方のないことでもあるのです。そもそも人間は、狩りをしている時代から、とげが刺さったり、外敵に襲われたりするわけで、痛みと恐怖を覚えていないと生きていけなかった、

だから痛みは記憶に残りやすくなっているんです。ただそうした心理的な要因で増幅されてしまっている腰痛(のイメージ)をいかに払拭するかが大切になってきます」

1 2

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます