• TOP
  • スキンケア
  • 【コスメのなかみ】実はシャンプーにも入っている紫外線吸収剤の「オキシベンゾン」

【コスメのなかみ】実はシャンプーにも入っている紫外線吸収剤の「オキシベンゾン」(2017.05.15)

石油由来の紫外線吸収剤。一般的な日焼け止めやファンデーション、シャンプー等様々な化粧品に配合されている。

89da802643da991513dba8baaade8982_s

UV-A、UV-B共に吸収してくれるが単独では紫外線吸収効果はあまり高くなく、他の成分と合わせて使用されることが多い。

オキシベンゾンには全7種類があり、例えば『オキシベンゾン-1』は「ジヒドロキシベンゾフェノン」と呼ばれUV-Bを吸収。

『オキシベンゾン-2』は「テトラヒドロキシベンゾフェノン」と呼ばれ、UV-A・UV-B共に紫外線を吸収してくれるなど、種類によって吸収してくれる紫外線が違ったりする。

旧表示指定成分であり、吸収した紫外線で化学変化を起こし光アレルギーを引き起こす可能性もあり、配合量が多いと肌への負担が大きくなる為、配合量の上限を10%と設定されている。シャンプーについては0.5%まで。

cb78071a91912352a661986a782e3768_s

とは言え、紫外線をそのまま浴びることのリスクはとても大きいもの。肌が弱い、日焼け止めに負けてしまう、と言う人は紫外線吸収剤不使用等の日焼け止めを使用するなど、日焼け止めは使用し日焼け対策はしっかりとすることをおすすめする。

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます