春からロードバイクを始めたい人へ送る100km走るための極意(2017.05.19)

春は、人事異動や引っ越しが一番多い時期。自宅から職場までの距離が変わって、これを機にツーキニストへの転身を考える人もいるだろう。距離によっては、シティサイクルを卒業して、ロードバイクに乗り換える人もいるかもしれない。

「ロードバイクなら、休日は少し遠い街や山野へのツーリングもできる」など夢がふくらむ…が、ちょっと待ってほしい。長距離走の場合、装備(ギア)やウェアの準備以上に、フィジカル面のコンディショニングが重要になってくる。

ここがおろそかだと、いくら高級なロードバイクを買っても、すぐにばててしまってツーリングどころではなくなってしまう…ということで、今回は『自転車で100kmをラクに走る』(田村浩/技術評論社)を参考に、ロードバイク初心者がロングライドする際に必要なコンディショニングについてまとめた。

1

■高機能アミノ酸サプリメントを事前に用意

ロイシンなど必須アミノ酸の豊富に含まれたサプリメントを、自転車ショップなどで事前に買い置きしておく。スポーツに特化したものは安くはないが、疲労を後々まで持ち越さないメリットがあるので、あまりケチらないようにしたい。

2

■当日朝の体調と相談

前の日は夜更かし・飲酒は慎む。十分な睡眠をとっておくことが大事なので、早めに就寝する。当日の朝になって、どうも気分が乗らない、体調がすぐれないと感じたら、ロングライドはあきらめて、近場のサイクリングに切り替える。

■ペースは終始一定に

まだ疲れていない序盤は、ハイペースで距離を稼ぎたくなるが、その気持ちはおさえる。常時、一定の負荷でペダルを回すよう心掛ける。変速ギアが何段もあるのはそのためで、登りの時はギアを軽くすることを忘れないように。信号待ちがいくつか続いたからといって、その分ペースを上げて、遅れを取り返そうとは考えないこと。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます