• TOP
  • スキンケア
  • 【コスメのなかみ】安全性の高い保湿成分「PCA-Na」

【コスメのなかみ】安全性の高い保湿成分「PCA-Na」(2017.06.17)

■連載/コスメのなかみ

PCA-Naとは、ピロリドンカルボン酸ナトリウムのことで、 角質層の中に多量に含まれている有機酸であり、天然保湿因子(NMF)のひとつ。

ピロリドンカルボン酸(PCA)のナトリウム塩。 ピロリドンカルボン酸はNMFの中でも、12%とアミノ酸に次いで2番目に多く組成される成分。

b03ebad55302aa6396cae2a656f9df8d_s

PCAの形では化粧品には使用できず、PCA-Naの形で使用される。野菜等、自然界のものにも含まれているが、多くはグルタミン酸から合成される。

吸湿性・保湿性が高く、皮膚や毛髪に柔軟性や弾力性を与える。もともとが角質の保湿成分であり、高濃度で配合しても安全性が高く皮膚刺激もほとんどないので、敏感肌やアトピー肌でも問題無く使用できる。

NMFのひとつであることから、グリセリンやソルビトールより保湿力が高く、他の保湿成分と使用することで更に保湿力が高まる。

保湿力が高いことで、つっぱり感を軽減し洗浄剤にも使用されるなど、スキンケアからヘアケア、ボディケア等、多くの化粧品に使用されている。

文/Men’sBeauty編集部(maru)

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます