今から始められる夏のヘアケアと頭髪治療の常識(2017.07.05)

1日に髪の毛が抜ける本数はおおよそ100本と言われているが、季節の変わり目は特に抜け毛が目立ちやすいということが分かっている。4~5月、8~9月は抜け毛の時期として、生え変わりの時期と言えるが、この時期の抜け毛に驚き「自分は薄毛かも…」と心配される方もいる。しかし、これは大きな誤解なのだ。

4a40b5c37375f1e028f23c31032e1e55_s

■抜け毛の原因は●●の乱れにあり!

実は、抜け毛が多いこと自体はさして問題ではない。頭髪の再生サイクルが正常に機能していたら、抜けた分だけ髪の毛が生えてくる。抜け毛の原因は、頭髪再生のサイクルの乱れにあり、頭髪再生サイクルの乱れは、遺伝によるものや男性ホルモンによる悪影響、栄養、ストレスなどさまざまな原因が影響を及ぼし合っていると言われているのだ。

■今から始めたい!夏のヘアケア

抜け毛を予防することは困難だ。しかし、いま生えている髪をより美しく健康的に保つことは可能。日差しの強い夏だからこそ、髪・頭皮にやさしいケアを心がけよう。

夏のヘアケア4箇条
1.頭皮の日焼け予防もしっかり!
もともと髪の毛は頭皮の日焼けを防ぐために生えていると考えられている。日焼けの予防は、日傘や帽子を被るのが手っ取り早い解決方法だ。

fac4f0100828793b66c3e90980070867_s

2.シャンプー選びで臭い解決!
お湯のみでシャンプーする「湯シャン」も注目されているが、頭皮に油分が残ったりすることで、臭いの原因になる。アミノ酸系のシャンプーは肌に低刺激のため、頭皮を痛める心配は少なく済むのでオススメだ。

natural-1641791_640

3.海水浴の後は髪をすぐに水で洗浄!
塩分が浸透圧により髪の水分を奪い、髪が乾燥しやすくしてしまうため、海水浴の後はすぐに水で髪を洗い流すこと。さらに、海水に濡れた髪が紫外線を浴びることにより、髪自体の強度が弱まってしまうことも分かっている。

002TSURUTAMA17529_TP_V

4. プールのあとはトリートメントでキューティクルを守ろう!
プールの水に含まれる塩素は、髪のキューティクルを壊す作用がある。プールから出た後は、水で髪をすすいで、保湿成分のあるトリートメントやスタイリング剤で髪と頭皮のケアも怠らないよう気をつけたい。

季節の変わり目以降も抜け毛が多いと感じたり、髪の量や毛がやせ細ってきた、と感じたら、まずは最寄りの専門クリニックに相談をしてみよう。抜け毛を意識しすぎるのもかえってストレスになってしまう。髪は内側から生えてくるもの。つまり、バランス良い食事やしっかり睡眠をとるといった、身体の内側から、健康であることも大切なのだ。

【関連情報】
http://www.menshealth-tokyo.com/

文/編集部

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます