脂肪燃焼効果は一般的な有酸素運動の6倍!?効率的に痩せるための運動(2017.07.04)

夏も近づく八十八夜、腕も腹にも脂肪が実る……。なんて余計な替え歌が頭に浮かんでしまうほど、夏が目前のこのシーズンは、体に溜まった脂肪が気になる。

なんとかして、少しでも減らすことはできないかということで、夏前に効率的痩せる方法を、パーソナルトレーナーの島田裕次さんに教えてもらった!

_U1Q1080

有酸素運動の取り入れ方

有酸素運動を1日に30分程度取り入れる場合、1度に30分の有酸素運動を実施してもよいですし、1日に何度かに分けて行っても脂肪の燃焼効果は変わりはありません。

日常的に歩行を取り入れたり、エレベーターを使わずに階段を利用したりするだけでも脂肪の燃焼は期待できます。

私の場合は通勤や出張が多いため、1日の活動量はかなり高いのでジムでの有酸素運動はやっていません。

ビジネスマンの方も、通勤時や、外回りのとき、意識的に階段を使ったり、早歩きをしたりすれば、毎日の生活に有酸素運動を取り入れることができます。

5388861496_773616f3e3_o (1)

無酸素運動の取り入れ方

身体の中にはUCP(脱共役たんぱく質)と言うたんぱく質があるのですが、脂肪細胞に働きかけ脂肪燃焼を促進します。

UCPは瞬発的な運動によって増加し、有酸素運動の様な強度の低い運動では減少して行きます。(だから有酸素はあまりやりすぎない方がよいです)

また運動以外であってもUCPを増加させることは可能です。カフェインやカプサイシンと言ったサプリメントや、熱目のお湯に浸かることで分泌量を高めることも出来るのです。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます