そもそも低GIダイエットって何なの?(2017.07.19)

GI値とは、グリセミック・インデックスの略。ある食品が、体内で糖に変わり、血糖値が上昇するスピードを計ったもの。

糖が体内に入ると「インシュリン」が分泌され、これが過剰に分泌されてしまうと、脂肪を蓄える原因となってしまう。

低GIダイエットのポイント

GI値が低い食品を意識的に摂るのが「低GIダイエット」。GI値は、精白されたもの、つまり白米や小麦粉などが高い。さらに熱を加えて練ったものなどはGI値が高くなっている。

05638c1b1134389fe155088c552632a0_s

白米や餅や煎餅、パンや麺などはGI値が高いので避けるべき、というのが低GIダイエットの特徴だ。

ここまで聞くと、炭水化物抜きダイエット(糖質制限)と何が違うのか、と思うが、基本的には考え方は同じだと思っていい。

ただし、低GIダイエットは糖質を制限するのではなく、血糖値の急上昇を招くのを防ぐダイエット法。

つまり、米なら玄米、小麦なら全粒粉、など食物繊維やミネラルを豊富に含んだ状態で食べるならOKという考え方だ。

ほかにも、果物ならジュースではなく果実のまま食べる。野菜の中でも、じゃがいもではなく、里芋。にんじんやかぼちゃは食べないなどがある。主に避けるべき食品は以下の通り。(※数字はGI値)

●炭水化物
精白米 81
食パン 91
うどん 85
パスタ 65

●野菜・芋
じゃがいも 90
にんじん 80
とうもろこし 70
かぼちゃ 65

●果物
パイナップル 65
すいか 60
バナナ 65

●お菓子
ショートケーキ 82
チョコレート 91
ボップコーン 85

文/Men’s Beauty編集部

配信サイト:「Men’s Beauty」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます