江戸情緒を楽しむ隅田川ランニングコースを体験(2017.08.01)

隅田川沿岸の風景を楽しみながら走ることのできるジョグ&ウォークコースが注目を浴びている。とくに隅田川テラスを利用したコースはその名の通り、隅田川の河川敷を舗装したうえで花壇も整備されるなど、近隣の人々の憩いの場としての役割もある。

今回はその中でも江戸情緒を楽しむことのできる台東区と墨田区のエリア、橋でいうなら蔵前橋~桜橋間を実際に走りながらご紹介しよう。時刻はサラリーマンでも走りやすい夕暮れ時としたので、写真がちょっと暗めなのはお許しを! なお、隅田川の橋はそれぞれ違う色なので、名称の後ろに色も併記しておきます。

スタート地点は墨田区側の蔵前橋(黄)。上流に向かい走り、桜橋から台東区側に出て再び蔵前橋に戻ってくるコースだ。

隅田川テラスへの入口は、蔵前橋のやや上流側80mほどのところにある。テラスに降りてこれから走るコースを眺めると真上に首都高速向島線があり、少々威圧感はあるものの、川と対岸の景色はよく見える。上流に目をやると次の目安となる厩橋(緑)も見えている。

sumida01

sumida02

蔵前橋から厩橋までの距離はおよそ400mと短い。まずはゆっくりと今日の体調を確認しながら走りだそう。テラスの途中には大きな花壇があり、地元の人たちが世話している花もきれいに咲いている。

sumida03

厩橋を過ぎて50mほど。それまでタイル張りのように舗装されていた道が細くなり、左手に木立の並ぶ未舗装が現れる。が、水はけもよく、靴底に感じる優しい弾力がかえって心地よく、サクサクと音を立てながら進む。

sumida04

sumida05

1 2 3 4
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます