毛先をまとまりよくケアする「毛先集中ケアモード」を搭載した「ナノケア」新登場(2017.08.05)

パナソニックは、「毛先」をケアできる「毛先集中ケアモード」、およびノズルを改良し速乾性能をアップさせた新「速乾ノズル」を搭載したヘアードライヤー「ナノケア」EH-NA99を9月1日に発売する。
main

パナソニックは2005年に、髪を「乾かす」だけではなく髪の「ケア」ができるヘアードライヤー「ナノケア」を発売した。髪のダメージが気になる方に好評で、累計販売台数は800万台を突破した人気商品だ。

「ナノケア」は、「ナノイー」が髪に浸透し、髪の水分バランスを整えてうねりを抑制する。また、キューティクルを引き締め、しっとりまとまる髪へ導く。本製品は、特にダメージが蓄積していることが多いとされている「毛先」のケアに着目し、毛先を逃がしにくい風量で、毛先に適した周期で温風と冷風を交互に発生する「毛先集中ケアモード」を新たに搭載した。これにより毛先のまとまり・ツヤ・うるおいなどの効果実感が向上している。

また、乾燥性能についても、新「速乾ノズル」の搭載により、濡れた髪を乾かすときの「ほぐし作用」を強化することで、乾燥スピードが約15%アップ。

【特長】

1. 「毛先集中ケアモード」で毛先までツヤのある、まとまりのよい髪へ

本製品は、ダメージが蓄積していることが多く、まとまりやツヤが出にくい「毛先」に着目し、「毛先集中ケアモード」を新たに搭載した。「毛先集中ケアモード」は、室温を検知し、自動で温風・冷風を交互に出すモードだ。あたためることで髪内部の水素結合を一度切断し、手ぐしやブラシで整え冷風で再結合させることで、まとまりやツヤをもたらす。毛先を逃がしにくい風量で、毛先に適した温冷周期にすることで、毛先まで髪質改善を実現した。

■「毛先集中ケアモード」の効果 (毛束変化率)
jn170712-1-2
※4:毛束を手ぐしで整えながら温風で乾燥させた場合の毛先幅変化率0.66と、温風で9割乾燥後に毛先集中ケアモードを毛先まで使用(約24秒)した場合の毛先幅変化率0.50の比較。毛先幅変化率の逆数を毛先まとまり度として増加率約1.3倍を算出。使用環境・個人差等により、効果は異なる。(パナソニック調べ)

jn170712-1-3

■毛先のツヤ、まとまりを出すしくみ
髪表面温度を60℃以上にあたためてクセを伸ばして、冷やして固定し、毛の流れを整えることでツヤとまとまりを出す。

jn170712-1-4

2. 新「速乾ノズル」で乾燥スピード 約15%アップ

「ナノケア」は、「風量」、「風温」、「風圧」、さらに「風の強弱差」をバランスよく設定することで、速乾を実現している。本製品は「速乾ノズル」の形状を見直すことにより、「風の強弱差」を拡大し、毛束のほぐし作用を強化した。それにより、速乾性能が約15%アップしている。

jn170712-1-5

■髪の乾燥のステップ
風量・風温・風圧・風の強弱差のバランスが重要

jn170712-1-6

【関連情報】
http://panasonic.jp/beauty

配信サイト:「Men’s Beauty」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます