103万足売れているミズノのウォーキングシューズから新モデル登場(2017.08.05)

ミズノは、発売から12年間で約103万足(※1)を販売しているウォーキングシューズ「LD40 シリーズ」の新モデル「LD40 ZERO(エルディーヨンジュウゼロ)」(男性用)を全国のミズノ品取扱店で発売した。
※1 LD40・LD40II・LD40III・LD40IVの2006年6月~2017年6月のミズノからの累計出荷足数

0452167_01
ウォーキングシューズ「LD40 ZERO」
価格:¥15,000+税(税込価格:¥16,200)

近年の健康志向の高まり、スニーカーブームの影響で機能性のみならず、デザイン、ファッション性も兼ね備えたウォーキングシューズが求められている。今回発売する「LD40 ZERO」は、ウォーキング専用シューズとしての「しっかり歩ける機能」に加え、革本来の風合いをいかした素材選定(アニリンレザー)とスニーカーのようなカジュアルなデザインが特長。普段履きとして、ショッピング、散歩、街中など幅広くオフシーンで使用することができるデザインとなっている。

■ウォーキングシューズ「LD40 ZERO」の特長

(1)アッパー(足甲)部が柔らかい
アッパー部全体に、革本来の風合いが特長の「アニリンレザー(※2)」を採用。また革の厚さをLD40IV(メンズ)比0.2mm薄くすることで、足当たりを柔らかくしている。※2 革に塗料(染料)を染み込ませて染色し、表面はトップコートのみで仕上げた革の総称

(2)インソール(中敷)に衝撃吸収材
インソールには衝撃吸収性能の高い発泡ウレタンを採用。着地した際の足あたりを優しくしているのだ。

(3)ウォーキングシューズ「LD40 シリーズ」としての歩行性能
「ミズノ LD40」は、2006年6月10日より販売、シーンを選ばず、快適に着用できるウォーキングシューズだ。日常生活の中に自然にウォーキングシューズの快適性を取り入れることを目的として、ビジネスシーンや日常生活でも着用しやすいカラーや素材を採用。機能面では、靴内湿度を低減するための機能や長距離歩行による路面からの衝撃を軽減させるミズノ独自の波形プレート「ミズノウエーブ」を搭載することで、長時間の着用中も快適に歩行できるシューズとなっている。

【関連情報】
http://www.mizuno.co.jp/

配信サイト:「Men’s Beauty」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます