• TOP
  • パナソニック
  • 夏の紫外線で傷んだ髪と頭皮を手軽にメンテナンスする方法【PR】

夏の紫外線で傷んだ髪と頭皮を手軽にメンテナンスする方法【PR】(2017.08.30)PR

早いもので8月も残すところ今日を入れて2日。そんな去り行く夏の思い出に浸る前に、メンズビューティー的に必須となるのが、海や山のレジャーに加え、毎日の通勤でも浴び続けた紫外線のケアだ。

このうち肌は日焼けなどの〝自覚症状〟もあり、意識もされやすいが、問題は頭皮と髪。ビジネスマンであれば、仕事中はキャップや帽子などは使いにくく、最近は男性用も発売されているとはいえ、日傘片手の得意先回りは現実的ではない。つまり頭皮と髪に関する紫外線対策は難しい状況にあるといえる。

一方、頭皮は顔の2倍以上の紫外線を浴びているとも言われ、その結果、頭皮の炎症や毛根の成長を妨げたり、髪のキューティクルを傷めることでパサつきを引き起こす、など多くの問題点が指摘されている。加えて夏の高温による汗や皮脂汚れなど、頭皮環境の悪化は言うまでもない。

そこで今回フィーチャーしたのが、パナソニックの頭皮エステ<皮脂洗浄タイプ> EH-HM78と、ヘアードライヤー「ナノケア」EH-NA99だ。

頭皮エステは、独自のブラシ機構により頭皮をやさしく洗浄してくれる、充電式のブラシ。「ナノケア」は、「ナノイー」を発生させることで、健やかな髪へと導くドライヤーだ。トリートメントやパックなど、しっかりとしたヘアケアの習慣を持たない男性にとって、この2つのアイテムは毎日の入浴やヘアドライの際に行なえるケアとして期待ができる。

さっそく、「最近、髪がパサついて指どおりが悪い」と語るモデルの川崎貴成さんに実際に使用してのインプレッションをお願いした。

実際の使用状況などは動画をチェック

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます