• TOP
  • スキンケア
  • 【コスメのなかみ】爽快感のほか鎮痛作用も!「メントール」

【コスメのなかみ】爽快感のほか鎮痛作用も!「メントール」(2017.08.26)

一般的には90%近くが合成メントール

0cbfe7a33d8949643c7857e756022c4b_s

独特のハッカ臭と、スーッとする強い清涼感を持つ成分。一般的には、シソ科の植物であるペパーミントやニホンハッカ等の葉や茎から抽出されるハッカの精油の主成分で、はっか脳とも言われるl-メントールと、合成で作られるdl-メントールを指すが、化学的には12個の異性体の総称である。

爽快感を与え、局所的に血管を拡張させる作用や鎮痛作用があり、湿布等の貼り薬や歯磨き粉、フレグランス系製品、入浴剤等に使用される。また、かゆみを抑えたり、浸透促進効果があると言われ、かゆみ止めや育毛剤等のヘアケア、スキンケアやボディケア等の化粧品にも使用される。

天然のメントールは、乾燥した葉を水蒸気で蒸留させて作られる際、採れる精油は葉の重量のたった2%と言われており、運ぶ時に荷が少なくて済むことから「薄荷」という名前がついたと言われているそう。それくらい希少で、現在、一般的には90%近くが合成のメントールが使用されていると言われる。粘膜に使用しない化粧品の100g中7.0gまで、粘膜にも使用する化粧品の100g中1.0gまで、と使用制限がある。

文/Men’sBeauty編集部(maru)

配信サイト:「Men’s Beauty」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます