• TOP
  • ビジネスマナー
  • 仕事もプライベートも充実させたい!イマドキの若者に聞いた理想の働き方

仕事もプライベートも充実させたい!イマドキの若者に聞いた理想の働き方(2017.09.01)

SMBCコンシューマーファイナンスは、全国の高校生、大学・専門学校生を対象とし、「理想の働き方」に関する調査を行った。日本政府が働き方改革に積極的な動きを見せるなか、企業の働き方の見直しも多岐にわたる。これから社会人になる高校生、大学・専門学校生は将来の働き方についてどのように考えているのだろうか。

2a546236a899c15a376fef52855d5090_s 

■イメージするワークスタイルに最も近いものはどれ?やっぱり、仕事もプライベートも充実させたい!

「あなたが望むワークスタイル(働き方)に最も近いものを選んでください」と聞いたところ、「適度に仕事をし、人並みの生活が送れるスタイル」が全体の半数以上(51.3%)となった。次に「休暇制度など福利厚生が整っている会社に勤め、仕事よりも私生活を充実するスタイル」が32.6%、「収入の増加やキャリアアップなどを目指し、仕事を中心とした生活スタイル」が16.1%という結果に。

多くの学生の皆さんがキャリアアップなどによる仕事の充実よりも、安定した会社に勤めて、仕事はそこそこ、プライベートも充実させる生活を送りたいと考えていることがわかった。また、高校生でも、大学・専門学校生でもイメージするワークスタイルは同じ回答に。
main
では、仕事はそこそこ、プライベートも充実させたい学生の皆さんにとって、働く時間をどのように捉えているのだろうか。そこで1ヶ月の残業時間(※)はどれくらいまでを理想としているのか聞いてみた。※週5日、9時~18時の勤務とし、それ以外の勤務時間を残業と捉えた場合

全体でみると、「10時間以下」と回答した人が最も多く39.3%。内訳は女性が22.0%、男性が17.4%。また、全体の約8割(83.6%)が20時間以下の残業を望んでいることがわかった。やはりプライベートも重視するワークスタイルをイメージされている学生の皆さんは、毎日の仕事の後も充実させたいと考えているようだ。
sub1
実際、企業で働く人の残業時間の平均はどれくらいなのだろうか。厚生労働省が公表している資料によると、残業時間の1ヶ月平均は一般労働者14.4時間、パートタイム労働者2.8時間で、平均残業時間は10.8時間であった。業種や就業形態、会社の規模など、働く環境によって残業時間は様々だ。
参考:厚生労働省 「毎月勤労統計調査 平成28年分結果確報」

仕事はそこそこ、プライベートも充実した生活を送る為には、効率よく仕事をして成果を上げることが求められる。2006年から経済産業省では、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力(社会人基礎力)」を身に付けることを提唱している。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます