• TOP
  • リラクゼーション
  • 秋は「睡眠疲労」を取り除くベストシーズン!睡眠質を向上させるポイントとは?

秋は「睡眠疲労」を取り除くベストシーズン!睡眠質を向上させるポイントとは?(2017.09.06)

Sleepdaysは「睡眠=リカバリーの時間」ととらえ、人生の多くの時間を費やす睡眠をより有意義な時間にし、人生を豊かにするライフスタイルを提案している。
main
近年、睡眠の質を高めることが注目されてきている。多くの人が健康や休息に関心を持つようになってきた時代の中で、Sleepdaysは、睡眠中のリカバリーに注目した。 睡眠の質が悪いと、翌日まで疲れが残るだけでなく、脳の働きも阻害されパフォーマンスを下げる大きな要因となってしまう。人間は一生で約25年(*)眠っている。常に質の良い睡眠をとれるよう心がけることは大切だ。しかし、乱れてしまったものは早い段階で整えることも大切だ。
(*)80歳まで7時間睡眠の場合

■秋は「睡眠疲労」を取り除くベストシーズン

質の良い睡眠には自律神経や血流が大きく関わっており、それらが睡眠の乱れの要因といっても過言ではない。夏は室内と室外との急激な気温差やエアコンでの冷えなどにより、自律神経や血流が乱れやすい季節。

さらに、夏の睡眠環境は睡眠時に最適な温度・湿度を保つことが難しく、さらに「睡眠 疲労」を助長してしまう。これから訪れる秋は日夜の気温差は大きいが、エアコンを使わずに睡眠時の温湿環境が整いやすく、睡眠疲労を解消するにはうってつけの季節でもある。今年からは「睡眠の秋」もプラスして、秋をより充実させてみてはいかがだろう。

■睡眠とは究極のリカバリータイム

睡眠中は成長ホルモンやメラトニンなどが働き、日中に傷ついた細胞を修復する、免疫力を高める、脳の疲れを取るなど、心身の健康や美容を維持するための有意義な時間だ。つまり、睡眠は心身のリカバリータイムといる。

しかし、ただ眠ればいいというわけではなく、就寝直後の90分~120分に訪れるゴールデンタイム(徐波睡眠)が勝負。ゴールデンタイムには1日の約70~80%の成長ホルモンが分泌されており、ゴールデンタイムの睡眠をしっかりとることでリカバリー活動を円滑に行うことができるのだ。

sub1
質の良い睡眠をとるためのポイント
1.体内リズムが整っている
2.夜間にリラックスの神経である副交感神経が優位な状態である
3.手足からの放熱により、深部体温が下がり、自然と眠くなる
4.睡眠環境の室温が25~27度、湿度40~60%である

■Sleepdays リカバリーシリーズの着用で、さらなる上質な時間へ

夏に乱れてしまった生活リズムや食習慣を改めることももちろん大切。それにプラスし、Sleepdaysの睡眠サポートアイテム“リカバリーシリーズ”を取り入れることで、以下のような結果がみられた。
sub2
※血管径試験実施方法
顕微鏡を固定したまま、プラセボ布を手にかけて15分後に写真撮影、間15分起き、リカバリーシリーズ布を手にかけて15分後に写真撮影をした。試験対象者男女合わせて10名

※睡眠質試験実施方法
リカバリーシリーズ布を着用する前後5日間の睡眠計測を行い、比較検討した。睡眠計測はBeddit Sleep trackerを使用した。リカバリーシリーズ布は就寝中のみ首に装着した。対象者は男女合わせて5名

リカバリーシリーズの保温効果により、血管径に変化がみられた。血流が良くなることで、血管を介して体の隅々に届けられるホルモンや栄養素を効率よく届けることができ、睡眠中のリカバリー活動をサポート。そのことにより、寝入るまでの時間、睡眠効率にも変化がみられ、睡眠質向上の効果を期待することができる。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます