• TOP
  • ヘルスケア
  • 急なこむら返りにも水なしで対応!ゼリータイプの足つり改善薬新発売

急なこむら返りにも水なしで対応!ゼリータイプの足つり改善薬新発売(2017.09.08)

小林製薬は、運動中の足つりなどに、水なしでその場ですぐに飲めるゼリータイプの足のつり改善薬「コムレケアゼリー」(第2類医薬品)を、9月13日(水)から全国の薬局・薬店・ドラッグストアなどで新発売する。従来品の錠剤タイプに加えて、足をつるシーンとして挙げられる運動時の飲みやすさを追求したゼリータイプの製品だ。
img-item01

【製品特徴】

1.水なしですぐに飲めるゼリータイプ
足のつりに関する小林製薬の調査によると、塗り薬や貼り薬、飲み薬で対処するケースが多い中、足がつったときにすぐに使用できないことに対して不満をいだいている方が多いという課題があった。

『コムレケア』は、「こむらがえり」など筋肉の急激なけいれんを伴う痛みに効果を発揮する漢方内服薬として、2010年より販売。このたび、従来の錠剤に加え、初となるゼリータイプを発売し、水なしで症状を感じた際にすぐに飲みたいという生活者のニーズに応えていく。

2.錠剤タイプよりも素早く症状に対処
ゼリータイプの本製品は、従来品の錠剤タイプと比較すると、3分の1以下の時間で形状が崩壊する。錠剤だと水で飲む必要があるが、ゼリー剤なのですばやく飲む事ができるのだ。

■コムレケアゼリー開発の背景

増加するマラソン人口!“30kmの壁”突破を応援する「コムレケアゼリー」

近年、マラソンやランニングはその手軽さから、趣味とする方が急激に増加し、全国でフルマラソンの大会が実施されるなど、マラソン人口は大きく拡大した。そのような中、マラソンレースで、いつも30kmを過ぎたあたりからペースダウンしてしまう、足がつって動けなくなる、という”30kmの壁”は、完走を目標とするマラソンランナーにとっての一つの課題であり、大きな不安要因でもあるという声が多く挙がっている。

そこで小林製薬では、マラソンランナーに従来品を試用してもらい、アンケート調査を行った。その中で使用者には、錠剤という点や水が必要であることなど、服用しにくさへの不満があることが明らかになり、この度ゼリータイプの開発へといたった。

■足がつるメカニズム

足のつり(こむらがえり)は、神経伝達の不調で起こる筋肉の強い収縮のことを指す。水分やエネルギー不足、体の冷えによる筋肉の緊張など、何らかの原因で、筋肉が脳や脊髄といった中枢神経に「どれくらい伸びているか」を伝える仕組みが不調を起こすと、必要以上に「収縮してください」という信号が出てしまうことがある。その結果、ふくらはぎが過度に収縮して、足のつりが起こってしまうと考えられているのだ。

「コムレケア」に配合されている芍薬甘草湯は、2種類の生薬 「芍薬」と「甘草」によって構成され、この2種類の生薬の相互的な働きが、筋肉組織細胞のイオンバランスを正常化。過剰な神経伝達を遮断し、筋肉の過剰な収縮を抑え、足のつりを改善する。
img-item02
img-item03

【関連情報】
https://www.kobayashi.co.jp/

配信サイト:「Men’s Beauty」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます