• TOP
  • スキンケア
  • シワには「表情ジワ」と「折りジワ」があるって知ってた?

シワには「表情ジワ」と「折りジワ」があるって知ってた?(2017.09.08)

日本において、美容医療はかなりファジーな状態にあると言っても過言ではない。その理由は、昨日内科の診療所で風邪の診察をしていた医師が、今日からシワ治療のためのヒアルロン酸注入などが出来てしまうからだ。

シワ治療の認定医師など、その道のスペシャリストと、専門外の医師、両方が同じ治療をできてしまうため、治療結果に大きな差が出るケースもある。

今回は、海外のドクターからも「この日本で彼女に出会えた患者さんは幸せ者だ」と言わしめる東京ミッドタウンクリニック皮膚科形成外科『ノアージュ』の院長、今泉明子医師に美容医療のシワ治療について詳しく伺った。

■2種類ある「シワ」の違いを理解する

3294475884_7fcca71639_o

今泉「まず、シワには『表情ジワ』と『折りジワ』の2種類あります。表情ジワは、その名の通り笑いジワやしかめっ面などをしたときに出るシワです。顔の筋肉の動きによってできるシワなので、無表情の場合は顔に出ないシワのことを言います。

『折りジワ』は、その表情ジワが深く刻まれたり、加齢によって出てくる深いシワです。何もしないとどんどん深くなっていき、年齢以上に老けた印象を与えかねないものになります。今回は、前者の表情ジワの治療についてご紹介していきたいと思います」

■自然界最強の致死毒がシワ治療の特攻薬?

今泉「表情ジワは筋肉の動きによってできるものなので、極端な話、顔を動かさなければ出来ないわけです。とはいえ、一生笑わず、怒らずなんて生活はできないので、筋肉の動きをリラックスさせる注射を打つ治療法があります。それが『ボツリヌス毒素治療』(いわゆる「ボトックス」と呼ばれる治療)です。

ボツリヌス菌は聞いたことがあるかと思いますが、1gで約100万人が死亡するという自然界に存在する中では最強の毒素を排出する菌です。ボツリヌス毒素治療法は、この毒素から抽出したタンパク質を注射しています。当たり前ですが、毒素そのものを打つわけではないので安全です。でなかったら今頃、この治療を行った患者さんはこの世に一人も居ないことになってしまいます。

ヒトは筋肉を動かす際、脳からの指令を神経を通って筋肉に伝えています。この指令は、アセチルコリンという伝達物質によって出されるのですが、この伝達物質を届かないようにするのが、ボツリヌス毒素治療法。つまり、顔の筋肉の動きをリラックスさせることで、シワを防ぐというわけです。

よく花粉症の薬のCMで、鍵穴に蓋をすることでアレルギー伝達物質をシャットアウトするというのがありますが、アレに近いものだと思ってください。」

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます