• TOP
  • スキンケア
  • 「シミ」「ホクロ」ができるメカニズムを知ろう!

「シミ」「ホクロ」ができるメカニズムを知ろう!(2017.09.11)

紫外線が日焼けの原因なのは周知の事実だが、30〜40代になって何も対策しないでいると、数ヶ月後にはシミやホクロだらけになってしまう可能性が。そうならないためにも、シミやホクロができるメカニズムをよく理解し、対策法を覚えておこう。ノアージュの院長・今泉明子先生に、お話を伺ってきた。

シミやホクロはどうしてできるの?

fd05b791cdf6737ac80e578efec094fb_s

今泉「紫外線を浴びて、肌にメラニン細胞が集まるとシミになります。。ホクロはホクロ細胞と言って、メラニン細胞がさらに増殖してひとつの塊をなし、その塊が一杯くっつくとホクロになります。シミよりホクロのほうが根が深く、手術で取るのが難しいんです。

ホクロの細胞自体が手を伸ばしたみたいになっていて、それが固まっているうえに、”深さ”が全然違います。シミは肌の浅いところ『基底層』にあり、その基底層を通り越し真皮の上層ぐらいまで深く落ちているのがホクロです。」

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます