• TOP
  • スキンケア
  • 「シミ」「ホクロ」ができるメカニズムを知ろう!

「シミ」「ホクロ」ができるメカニズムを知ろう!(2017.09.11)

ホクロだけがガン化するのはなぜですか?

381f11c089bf7be64aca71c7eee65a4b_s

今泉「シミは、浅いところにあるため代謝よって勝手に出て行きます。肌の代謝は大体1ヶ月で基底層から角質の上まで生まれ変わるので、シミは肌のターンオーバーがきちんと行えていれば自然となくなるものなんです。しかし、基底層よりも深いほくろは、そこまで大きく変化しません。

その細胞のいくつかが紫外線によって変化をし、それが長年続くと悪性のものに近づいたりしてガン化してしまいます。ホクロが自然に無くなるということは、ほとんどありません。小さいものはあり得るかもしれませんが、放っておくと増えていく、あるいは大きくなる一方なんです。」

同じメラニンが原因の色素沈着とシミの違いはありますか?

今泉「色素沈着は何か刺激を受けてその後に皮膚が反応して出来るものです。顕微鏡で見ると茶色い色素が付いていて、メラニンを作る機能を持っています。その機能が刺激などによって急に活性化すると色素沈着がおきます。

炎症色素沈着とシミの大きな違いは、炎症は刺激によって起きているから、茶色い所はものすごく茶色いけど周りは白く抜けたように見えるところです。

それはその人の元々の肌の色なのですが、一箇所にだけ集中してメラニンが集まるためから白浮きしたみたいに見えます。これが色素沈着です。

東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ院長
今泉明子
MB82-003

医学博士・皮膚科専門医。シワの注入治療の認定指導医を務めるなど、肌のスペシャリストとして活躍、患者の40%が男性という美肌男子の駆け込みドクター。

 配信サイト:「Men’s Beauty」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます